ビジネス

会社の人間関係うまくいく方法は?上司に出世、仕事の悩み

投稿日:


今回は会社の人間関係において
うまくいく方法について
お話します。

社会人として
それなりに満足して生きていくなら
上司との関係や出世の問題は
必ずと言っていいほど
重要な要素となります。

さまざまなケースが考えられる中
役に立つ情報をまとめました。
 
 
◆今回の内容◆

  • 会社の人間関係 うまくいく方法は?
  •  

  • 会社の人間関係がうまくいく方法 上司の場合は?
  •  

  • 会社の人間関係がうまくいく方法 出世を重視する場合は?
 

会社の人間関係 うまくいく方法は?

 
会社の人間関係でうまくいく方法には
いくつかのパターンがあります。

ひとつずつお話していきます。

 

 

求められる人間関係は、正しさではなく、仲間意識

特に会社の人間関係において
間違えやすいことが
この部分です。

上司や同僚に関わらず
求められる人間関係は、
仲間意識です。

その人が正しいのかどうかは
後の話と考えましょう。

 

ここでいう仲間意識というのは
漫画に出てくるような
情熱的なものではなく、
自分の意見に無条件で
ポジティブな反応を示す人間のこと、
別の言葉をつかうなら
共感性とも言えます。

 

同僚は大切にする。

意外に重要な要素は
同僚の存在です。

どのような性格の同僚と
一緒になるかは
運でしかありませんが
同僚の存在はあなたに何かしらの
影響を与えます。

 

理想で言えば
仲がよく
冗談を気軽に言い合えるような
関係が望ましいです。

ただし、同僚がマイナス評価を
受ける場合は
あなたまで評価を下げられてしまう
場合もあります。

非常に理不尽に感じますが、
特に普段から話をしないような
上司から見ると
仲のいい人間は全員同類という
偏見を持たれやすいものです。

 

ただ、人間関係というものは
質よりも量という性質があります。

ごくわずかな重要な人と
良好な関係を築くよりも
できるだけ幅広く
多くの人と仲良くするほうが
結果的に自分にとって
プラスへ働くと私は考えます。

そういった場合、
友人関係に近い感覚で
話し合える同僚は
後になって力になるでしょう。

 

他人以上友達未満を心がける

会社の人間関係において
うまくいく方法を語るなら
距離感についても
お話しなくてはなりません。

先ほど仲間意識の話をしたので
深い関係を
連想されるかもしれませんが
実際に会社で人間関係が
うまくいっているパターンを見ると
友達よりも緩い
他人以上友達未満の人間関係を
作っている方が多いです。

これは、
真剣に話し合う必要もなければ
悩みを相談し合ったり、
仕事に情熱を燃やすといった関係とは
ほど遠い人間関係のあり方です。

ですが、社会人にとって
人間関係は魅力でもあると同時に
大きな負荷にもなります。

下手をすると会社を追い出される
原因にもなりかねないため
人間関係は薄いながらも
多くの人と折り合いをつけることが
ポイントになります。

 

スポンサードリンク

 

会社の人間関係がうまくいく方法 上司の場合は?

 

それでは次は、
会社の人間関係の中でも
多くの方が悩みに思う
上司とうまくいく方法について
お話します。

 

上司を尊敬しようとしないこと。

上司との関係を良好にするために
相手を尊敬するという方法を
聞いたことがありますが、
これはあまり効果的とは思えません。

上司と良い関係を築くために
無理に尊敬しようと
イメージし、
それがストレスに感じる
社員がいるのも事実です。

私が思うに、
会社の人間関係において
部下が上司を尊敬している
ということは
ほとんどありません。

このようなことで
ストレスを抱え込むよりも
他の面に注目した方が
効率がいいと思います。

 

上司に気に掛けてもらう所から始める。

会社の規模にもよりますが
上司にとって部下は
何人もいます。

口では部下を大切にしていると
言っていても、
それぞれの個人を
細かく評価することは
至難の業です。

 

そういった中で
自分が最初に唯一できることは
少しでも気に掛けてもらうこと。

挨拶を積極的にすることはもちろん、
少しでも機会があれば
話しかけるようにしましょう。

 

上司への報告・相談は自分のため。

よく言われる報告・連絡・相談ですが
これは会社のためというよりも
上司との関係改善のためという
役割が強いです。

 

仕事の実力よりも上司のヨイショ

仕事の実力があれば
人間関係が良好になると思うのは
大きな間違いです。

例え高齢者になったとしても
自分よりも若い人間が
実力を発揮することは
面白くないものです。

実力を身に付けたとしても
それは隠し、
ヨイショを重視する方が
上司との人間関係は
よくなるでしょう。

 

ただし、
他人のヨイショというのは
傍から見ていて
非常に気分の悪いものです。

それが今後上司になる人が
見ているという場合も
ありえます。

時と場所を考え、
使い分ける器用さを
持つようにしましょう。

 

人により評価の表現は大きく違う。

ここが非常に難しいところです。
上司からの評価の表現は
千差万別です。

わかりやすく昇進・昇給という形で
評価されるのであれば嬉しいですが、
より難しい仕事を同じ待遇で与えたり
叱咤激励をするだけの場合、
酷い場合は酷評するだけという場合等
さまざまです。

私は間に立ち
両者の考えを聞き
仲介する経験を幾度も行いましたが
この問題はなくなることは
ないのだろうと
いつも思います。

 

あえてこのブログを読んでいる方に
アドバイスをするなら
「自分は何を欲しているか?」
を相手に伝えることが
大切でしょう。

 

スポンサードリンク

 

会社の人間関係がうまくいく方法 出世を重視する場合は?

 

では最後に
出世を目的とした場合の
人間関係について
お話します。

 

会社の仕組みを分析する。

どういった形であっても
新しい会社へ入った頃は
「会社とはこういうものだろう」
という先入観を持ちがちです。

ですが会社というのは
それぞれ全く別の文化を
持っています。

円滑に出世を狙うのなら
極端な人間関係の構築を望まず、
最初は同僚から始め
近しい人と
ほどほどの人間関係を維持するように
するのがオススメです。

 

上司へのアプローチ

いきなりヨイショを始めるのは
不自然そのものです。

最初は社交辞令の辺りから始め、
自然に報告・相談を繰り返し
上司との人間関係を
良くしていくことがいいでしょう。

 

緩さを持つことを大切に。

会社の人間関係というと
堅苦しいイメージがありますが、
特に出世に繋がる人間関係では
真面目さよりも緩さが大切。

嫌味のない冗談や
ヨイショを心がけましょう。

 

しっかりとした実力を養うこと。

人間関係において
仕事の実力は皆無と言っていいほど
関係はありません。

ですが、
仕事の実力は自分の生きる術に
繋がります。

突然、大きな仕事を
任されることもあれば
会社が倒産する場合もあります。

そういった時に
対処することができるのは
自分のスキルのみといえるでしょう。

まとめ

求められる人間関係は、正しさではなく、仲間意識
 
同僚は大切にする。
 
他人以上友達未満を心がける

上司を尊敬しようとしないこと。

上司に気に掛けてもらう所から始める。

上司への報告・相談は自分のため。

仕事の実力よりも上司のヨイショ

人により評価の表現は大きく違う。

会社の仕組みを分析する。

上司へのアプローチは自然に。

緩さを持つことを大切に。

しっかりとした実力を養うこと。

スポンサードリンク

-ビジネス
-

Copyright© ライフハックPRO , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.