ビジネス

転職の口コミチェックの方法 失敗しない会社選びのコツ。

更新日:

転職
今回は転職シリーズとして、転職先の情報を見極める口コミのチェック方法をご紹介します。
 

せっかくの一大決心をして、転職をしたのに、転職先が合わないという場合もあります。
そうならないように、次に会社の情報をしっかりと確認しておきたいところですね。
 

その時に役立つのが口コミですが、どの内容が自分にとって役に立つのか?信用できるのか?といった問題を抱えているのも口コミ情報の性質です。
 

そんな口コミ情報をうまく使って、失敗しない会社選びをしましょう。

【今回の内容】
1、
転職の口コミチェック方法!!
 
2、
転職の口コミ ココだけは特に注目すること!
 
3、
転職で失敗しない会社選びのコツ。


 

スポンサードリンク

 

転職の口コミチェック方法!!

 
最近は専用の口コミサイトだけでなく、転職サイトでも口コミが紹介されています。
これらの情報には書き込む人によって偏りこそありますが、次の会社選びには非常に有効な情報になります。
 
 

まずは、この信用性の低いと思われる口コミをピックアップし、除外するところから始めましょう。
 

特に転職サイトの口コミに多いのですが、1フレーズだけの口コミです。
 

・いい会社でした。
・働き甲斐を感じない。
・給料が安い。
・待遇が悪い。

など
 
 

それほど多くはありませんが、こうしたワンフレーズ口コミがたまにあります。
 

これらの口コミの多くは、適当に書いている場合が多いのです。特に転職サイトの口コミであれば、ここに書いたことが巡り巡って自分の評価になると思う人がいます。(実際には、個人情報は守られているので、口コミサイトへの書き込みで個人を特定されることは稀です。)
 

嘘を書くとまではいいませんが、具体性が低いため、どのように評価していいのか材料が足らないのです。そのため、ワンフレーズ口コミは除外して分析するといいでしょう。
 

できれば、それなりに文章量のあるもので、なおかつ内部事情に繋がるような内容が書かれているものをピックアップしましょう。
例えば、経費はちゃんと出されているか?給料体制はどうなのか?実働勤務時間はどのくらいなのか?などです。反対に評価・出世・待遇に関する情報は人により受け取り方がそれぞれなので、参考にする価値はありますが、それほど重要視しないようにしましょう。
 

スポンサードリンク

転職の口コミ ココだけは特に注目すること!

 

そして転職で口コミを活用するなら、ここだけは見逃してはいけないというポイントがあります。それは会社の将来性について・・・。
 

転職するということは、これから先、長い時間をその会社で過ごすことになります。ですが、転職して数年で廃業ということもありえる話です。それは例えどれだけ待遇が良くても、あなたにとって有益にはなりません。
 

転職の口コミをチェックしていて、
 

・この会社は楽。
・遊んでいても給料が貰える。
・働かなくても怒られない。
・上司にすり寄っていれば出世できる。

 

というような、仕事をサボっていても放置されていることを示す内容が書かれていると要注意です。
 
 

書き込む人によっては、
 

・将来性がない。
・赤字続き。
・倒産の可能性がある。

 

などとダイレクトな内容を書く場合もあります。
他にも気になる内容としては、給料の未払い。この内容がある場合は特に注意が必要です。
 
 

また、遠まわしな言い方として
 

・人によっては、やりがいのある仕事。
・真面目な人なら、頑張れる会社。
・誰とでも仲良くなれる人には、いい会社。

 

というような、「仮の誰か」であれば~という言葉を使って、その会社を評価している場合。
これはわかりにくいですが、遠まわしにその会社の否定をしている場合があります。全てとはいいませんが、本当はマイナス評価ではあっても、それを大っぴらに口コミに書き込むことに抵抗を持っている人が、よく行う批評方法です。
 
 

転職で失敗しない会社選びのコツ。

 
では転職に失敗しない会社選びのコツをご紹介します。
 

口コミから会社を選ぶとき、いい会社だというような主観的な表現は無視するようにしましょう。同時に、先ほどかいた「仮の誰か」ならという口コミもあてになりません。
 

見るべきは、その会社の将来性・実際の就業時間・お金の問題など
 

特に給料に未払いなどの書き込みがあった場合は、要注意です。
 
 

就業時間に関しては、業界によりさまざまですが、自分には不可能な就業時間を求めてくる会社も実際に存在します。この点は十分に注意が必要です。
 

また、勤務内容の負担に関しては、その会社で見るのではなく、その業界における業務として幅広くリサーチしてみましょう。
会社が変わっても、同じ職種で安定した会社であれば一人に掛かる負担はさほど変わりません。
 

この点に関しては、会社の状態が安定しているとわかった時点で調べるとイメージもわきやすいでしょう。
 
 

最後に口コミ情報は、内容にばらつきがあります。そのため、転職に焦っていると、いい面ばかりが目について、注意しなければいけない点を見逃してしまいます。
そうならないように、冷静な気持ちで口コミ情報はチェックするようにしましょう。

 
 

まとめ

1、
ワンフレーズ口コミの内容は期待しない。
 
2、
具体的な内容の口コミを重視する。
 
3、
見るべきポイントは、その会社の将来性・実際の就業時間・お金の問題など。

スポンサードリンク

-ビジネス
-

Copyright© ライフハックPRO , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.