健康

マインドフルネスが難しい苦しい疲れるという時の方法は?

更新日:

8f248480d652b20b1d92f244744b95fb_s
注目されているマインドフルネス。
 

過去や未来の妄想に囚われず
現在を感じることで
ストレス耐性を向上させ
集中力を高める効果が期待できる
手法です。
 

でも、実際にマインドフルネスの
実践してみても
うまくいかないという声が
よく聞きます。
 

今回はそんなお悩みに
お答えしたいと思います。

【今回の内容】
1、
マインドフルネスが難しいと思った時の方法は?
 
2、
マインドフルネスが苦しいと思った時の呼吸の方法は?
 
3、
マインドフルネスが疲れると感じた時の方法は?


 

スポンサードリンク

 

マインドフルネスが難しいと思った時の方法は?

 

マインドフルネスの効果は人本来の機能を整えること。

では最初に
マインドフルネスが難しいと
思った時の方法をご紹介します。
 

このマインドフルネスは
禅や瞑想などの
方法をベースに
トレーニングとして発展させた手法です。
 

そのため
瞑想なのを独学でも勉強していた人には
理解されやすいですが
初めての人には
戸惑うことも多いと思います、。
 

ここで大切なポイントがあります。
 

マインドフルネスは
特別なスキルを習得するものではなく
人が本来持っている機能を
整えるためのトレーニングなのです。
 
 

確かに
メカニズムを見ると
ややこしいところはありますが、
そこまで身構えなくても
普段、何気ない時に
私たちが自然にできていることを
意識して行うという程度と
考えて
気楽に始めてみましょう。
 
マインドフルネスの方法とメカニズム どんな効果があるの?
 
 

綺麗な景色を見て感動する瞬間がマインドフルネスと類似している。

 

実はマインドフルネスの体験を
簡単にイメージできる例があります。
 

私たちは綺麗な景色を見て
感動したりすることが
あると思います。
 

よくある話で
すごい絶景を見た後
 

「今までの悩みがちっぽけに思えてきた」
 

というアレです。
 
 

実はこの時の効果とマインドフルネスは
とても似ています。
 

五感を通じて目の前の現実を
感じていること
 

妄想に囚われず
外の世界に意識を向けていること。
 

自分のストレスを客観的に見れる状態。

 

リラックスと興奮がバランス良くなり
集中力が高くなっている。
 

などなど・・

 
 

絶景を見た時の感動ほど
マインドフルネスのトレーニングでは
効果を実感できないと思いますが、
効果の内容としては
共通点が多いことが
わかるかと思います。

 

気楽に散歩を楽しむことから始めてみる。

マインドフルネスのトレーニングは
一般的には座って行う場合が
多いと言われていますが、
 

もし型にハマったやり方が苦手な人は
気楽に散歩を楽しむことから
始めてみてはどうでしょうか。

 

散歩をして
回りの景色や、風・臭い・光など
自然を五感を使って
感じることで
マインドフルネスと同じ効果が
あったという報告もあります。


スポンサードリンク

マインドフルネスが苦しいと思った時の呼吸の方法は?

 

マインドフルネスに特別な呼吸法はない。

マインドフルネスをしている時
教えてもらった呼吸法が苦しいという
声も聞こえてきます。

 

私もスポーツトレーナーの
勉強をしていたので
呼吸法には詳しいつもりですが
 

あえて言うと
マインドフルネスでは
負担のかかる呼吸は必要ありません。
 

呼吸法というのは
意識をして体内の筋肉を使い
呼吸のリズム・スピードなどを
コントロールすることですが、
 

マインドフルネスでは
全く逆の呼吸をします。
 

体に任せて
呼吸をするということです。
 

つまり
吸いたいように呼吸を吸って
吐きたいように呼吸を吐く
 

というものですね。
 
 

この時に
何も考えないと妄想が出やすいので
心の中で
「吸って~吐いて~」と
つぶやきます。

 

TVで紹介されていた時には
呼吸を吸う時に
「膨らみ・膨らみ~・しぼみ・しぼみ~」
 

と心の中で言うことを
薦めていました。
 

これは、自分の意思ではなく
体の動きに合わせて呼吸をするためという
ニュアンスが含まれているのだろうと
思います。

苦しいと思ったなら、ゆっくり寝てみよう。

それでも最初はうまくいかずに
マインドフルネスの呼吸が苦しいと
感じてしまうかもしれません。
 

そんな時は
そこそこでトレーニングを終わらせて
ゆっくり寝てから
また明日やってみましょう。
 

スポーツでもそうですが
体内の筋肉の動かし方や
感覚というものは
寝ているときに
脳がバージョンアップしていき
理想の動きができるように
学習していきます。

のんびりと継続していくようにしよう。

そもそもマインドフルネスは
誰にでも持っている
本来の機能です。

 

例え昨日・一昨日できなくても
今日か明日にはできると
考えて徐々に進めてみましょう。
 
 

マインドフルネスが疲れると感じた時の方法は?

 

慣れないことをして、脳が興奮しているかも?

実際にマインドフルネスを行った後
疲れると感じる人も
いるみたいですね。
 

それはもしかすると
慣れないことをして
脳が興奮しているのかもしれません。

 

特に瞑想を始めて行った人に
見られるケースですが、

無理に集中しようとして
疲れを感じたり
酷い場合は頭痛を起こしたりします。

トレーニングを意識しすぎているかも?

マインドフルネスは
脳のトレーニング方法ではありますが
そんなに意識しなくて大丈夫です。

注意したいのが
過剰な効果を期待しないこと。

 

最初に絶景の感動の話をしましたが
セルフトレーニングで得られる効果で
そこまで強い実感を
得られることは
ほとんどありません。

 
 

マインドフルネスが効果的に出ている時は気分がいいとは少し違う。

マインドフルネスの効果の現れ方は
よくテレビや雑誌で取り上げられる
「気分爽快!」「さっぱりした!」
というのとは
ちょっと違います。
 

マインドフルネスの効果は
理屈でいえば
妄想の過剰発生がなく
現在の現実に目を向ける感覚を
取り戻すというものです。
 

これは、
それほど強い実感というのはないので
人によっては虚しいとか
思ってたよりつまらない
という風に感じるかもしれません。

 

とても皮肉な話ですが、

ストレスで悩んでいる時は
どうすればいいかと
本当に困るのですが、
 

実際にマインドフルネスなどが成功して
ストレスに強くなると
こういった手法の効果などは
日常的のことなので
全く実感しないというケースが
多いように感じます。

 
 

まとめ

1、
マインドフルネスの効果は
日常の感覚の一つ。
 
2、
絶景を見て感動する時と
マインドフルネスの効果は
似ている。
 
3、
難しい・苦しいと感じたときは
無理をせず
マイペースに進めてみましょう。

スポンサードリンク

-健康
-

Copyright© ライフハックPRO , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.