ビジネス

転職の準備対策 期間と時期 トラブルの防止は?

更新日:

転職
今回は転職の準備について、準備期間や、転職時期、そして転職の時に考えられるトラブル防止の準備をご紹介します。
 

会社の評価だけに頼らず自分のスキルアップ・キャリアアップを狙うなら転職は有効な手段です。
 

かくいう私も転職組です。
 
 

今回はそんな私の経験も踏まえて、転職の準備に関しての情報をご紹介いたします。

【今回の内容】
1、
転職の準備対策 期間はどのくらいが理想?
 
2、
転職の準備対策 会社を辞める時期はいつ頃?
 
3、
転職の準備対策 会社を辞めるときのトラブル防止


 

スポンサードリンク

 

転職の準備対策 期間はどのくらいが理想?

 
まず考えたい転職の準備対策は、転職までの期間。どのタイミングで今の会社を辞めて、次の会社へ転職するのかは、必ず最初に考えておきましょう。
 

会社の転職までの期間に関しては、年齢によって大きく分かれます。
 

若ければ若いほど、早い方がいいでしょう。年齢の若い方にとっては自覚はないと思いますが、転職において年齢は財産といっても過言ではありません。
 

25歳まで~、27歳まで~、30歳まで・・・という風に、25歳以上から転職の幅が徐々に下がっていきます。
 

そして35歳を超えた頃から転職のチャンスはガクっと下がります。
 

また30歳以上になりますと、それなりの仕事を任されている場合もあるので、引継ぎが転職のネックとなります。
 
 

私がおすすめする転職までの準備期間は、25歳頃であれば3カ月以内。30歳までであれば、半年といった具合です。30歳以上となるなら、次の会社の分析や引継ぎなども考えて半年~1年ほどの期間は持ちたいですね。
 

準備期間に行うことは、次の会社選び。最近は口コミもオープンになってきているので、とても参考になります。
 

転職サイトによっては、アドバイザーがいて、転職に関わる情報を貰えることができます。ただのダイレクトメールは、考えるきっかけにはなりますが、それだけでは情報不足です。こちらから、やりたい仕事内容や、どんなことが苦手なのか?どんな特技があるのか?などを遠慮なく相談していきましょう。
 

転職支援会社も運営は人の手で行われています。
転職への意欲を見せれば、何かしら答えてくれる傾向があります。
 

そして、次の会社への就職が決まってから、今の会社へ辞めることを伝えることが理想です。


スポンサードリンク

転職の準備対策 会社を辞める時期はいつ頃?

 
転職の準備対策、第二弾は会社を辞める時期。
 

次の会社への就職が決まった後、本音はすぐにでも辞めたいと思いますが、現在勤めている会社への配慮を欠くとトラブルの原因になります。
 

よく言われる会社を辞める時期は、6月・12月の賞与の支給後。他には季節の切り替わりで3月末・8月末に退職される方が多い傾向があります。
 

そして、会社を辞めることを伝えるのは、早くて1カ月前。できれば3カ月前が理想です。
 
 

1カ月前というのが一般的な考え方ですが、最近は人手不足で求人も思うように集まりません。そのため、3カ月前頃から上司に相談してスムーズに辞めれるように調整することが理想です。
 

ただ、社内での人間関係・体質によっては、この3カ月の間に嫌な思いをする場合もあります。
 

自分の会社がどういう状況なのかを冷静に分析して、辞めるタイミングを計ることが大切です。
 
 

転職の準備対策 会社を辞めるときのトラブル防止

 
それでは転職の準備対策 第三弾。
 

会社を辞めるときのトラブル防止です。
会社との関係が良好であれば、それほど心配することはありませんが、場合によってはトラブルの原因にもなります。
 

一番心配されることは、賃金の支払い。
これに関しては、労働基準監督署へ相談し、対処して盛られることができますが、そこまで積極的に動いてくれるわけではないので、いざいという時のために、自分の勤務時間や、仕事の成果などの記録を取っておきましょう。
 

この記録は手書きでも、それ相応の効果があるので、必ず日付・時間・誰が・誰に・何をしたか・など具体的に記録を残しておくことが大切です。
 

また記録の継続日数も信用に繋がりますので、日記でも構いませんので、記録を付ける癖をつけておきましょう。
 
 

次に人間関係の問題です。
 

会社を辞めるとわかると、周りの人たちの態度が豹変する場合があります。人間関係のトラブルは何よりも辛いものです。そうならないように、周囲の人たちと良好な関係を維持できるようにしておきましょう。
 
 

まとめ

1、
転職の準備期間は年齢によって変わる。
 
2、
会社を辞めるタイミングは、6月末と12月末が多い。
 
3、
辞める会社のトラブル防止のために、記録を付けるようにしましょう。

スポンサードリンク

-ビジネス
-

Copyright© ライフハックPRO , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.