ビジネス

スピード仕事術 時間がない時に作業を効率良く捌く方法

更新日:

今回は時間がない時でも、溜まっている仕事を
スピーディーに捌く仕事術をご紹介します。
 

仕事というのは不思議なもので、仕事ができるようになればなるほど、仕事の量は増えていきます。
 

ですがビジネスを快適に進めるためには、仕事のスピード術も身に着けておかなくてはなりません。

 

スポンサードリンク

 

スピード仕事術の要は迷わないこと。

 
まずは心構えから入りましょう。
 

というよりも、むしろこの心構えがすべてのスピード仕事術の要と言っても過言ではないと思います。
 

それが「迷わないこと」。
 

私は今まで、作業スピードの遅い社員の教育もしていたことがありますが、作業の遅い社員に共通していることが、仕事に自信を持てないこと。
 

仕事に自信が持てないということは、正しいかどうか?という思考を毎回のように繰り返し行っている訳です。
 

もちろんその作業をし始めて間もない時であれば、そういうこともあって当然ですが、いつまでも迷いを抱え続けることは仕事のスピードを大幅に遅らせてしまいます。

 

特に時間に余裕がないというときは、「今からやる仕事は時間に余裕がないので、迷わずにする」と心に決めて進めてみましょう。
 

迷わずに仕事をするということは、決して手を抜いて進めるという意味ではないので、この心構えで臨んだとしても、仕事のクオリティーが落ちるということは、あまりありません。


スポンサードリンク

後回しにできるものは、どんどん後回し。

 
さらに時間が限られた状態で仕事をスピーディーに進めるには、優先順位を明確にすることも大切です。
 

何をしなければいけないのか?ということを自分に対して、しっかりと宣言し、後回しにできるものは、容赦なく、どんどん後に回していきます。
 

もしお客様から要望のあるものである場合は、それぞれの優先順位を決め、後回しにしなければならない場合には、一言謝罪の連絡をいれておくことで、信用を繋げることもできます。
 
 

作業中は外部からの情報をシャットダウン

 
そしていざ仕事を始めたのなら
とにかく目の前の仕事に集中しなくてはなりません。

 

そのため、向かうべき仕事以外の情報はすべてシャットダウンしてしまいましょう。

 

テレビやラジオはもちろん、メールが届いて集中力が切れないようにスマホも見えないところへ置いておきましょう。

 
 

誰かに助けを求めることも大切。

 
それでも一人の作業量では、どうしても捌く出来ない時があります。
 

その時は遠慮なく誰かに助けを求めましょう。
 

すべて自分でやらないと気が済まない。
別の誰かに任せても、思った通りの仕上がりにしてくれないという場合もあるでしょう。
 

ですが、その考えすら切り捨てて、スピーディーに仕事を捌くことに思考を切り替えられることも優秀なビジネスマンには必要なことです。

 
 

まとめ

1、
迷わずに、即断即決で仕事を進める心構えをする。
 
2、
優先順位をつけて仕事をする。
 
3、
人に任せることも大切。


 
 

スポンサードリンク

-ビジネス
-

Copyright© ライフハックPRO , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.