アイテム

立って仕事するための机は?パソコンの時は?オフィスでの活用は?

更新日:

sumaho-iphone (2)
今回は立って仕事をするための机について
お話しさせていただきます。
 

実を言うと、
私も立ってパソコンや事務処理をできるように
机を改造して
作業をしています。
 

最近では
このスタイルになれてきて
座って仕事をすること自体が
特別になりつつあります。
 

このブログを読んでくれた方は
きっと、
何かしら作業に行き詰まり
立って作業をする方法を思いついたのだと
思います。
 

私の知っている範囲ではありますが
参考にしていただければ
幸いです。

 

スポンサードリンク

 

立って仕事をするための机は?

 

机をどのように改造するかは
人それぞれですが
まずはどのくらいの高さが良いのかについて
お話ししますね。

 

立って仕事をする場合の
理想の高さは
 

「おへそから1cmの高さ」
 

これが試行錯誤しながら
私がたどり着いた答えです。

 

その理由は
手を机に置いたとき
最も自然な角度になることが理由です。
 
 

さらに立った姿勢で
いろいろな小物や筆記用具を取れるように
本棚やコンテナなどを組み合わせて
高さを調整しています。

 
 

改造の仕方ですが、
もし日曜大工の趣味があるのなら
机に金属フレームを取り付けて
天板を乗せて固定するという方法があります。
 

他にもアルミパイプフレーム組み合わせて
机の部分は、天板を乗せて固定することで
理想の形に仕上げることができます。
 

机の天板であれば
通販などで個別に販売していますので
比較的、手に入れやすいでしょう。

 

ただ、かなり大掛かりになります。
そこまでの手間は掛けれないという方は
ホームセンターで売っているコンテナを
机の上にのせて
そのうえに天板を乗せるという方法が
一番簡単でしょうね。


スポンサードリンク

立って仕事をする時パソコンはどうする?

 
ここで気になるのはパソコンを使用する時。
 

パソコンを使う場合は
キーボードの分、高さが上になります。
 

となると机の理想の高さは
普通の場合より
1cmほど下、つまりおへその位置を
基準に考えると良いでしょう。

 
 

次の問題はモニター。
 

ノートパソコンの場合は
どうしようもありませんが、
 

デスクトップパソコンなら
モニターの位置を理想の高さに
設置する必要があります。

 

私がおすすめするのは
モニターアームを使うこと。
 

価格もそれほど高くなく
自由自在に位置を設定できるので
重宝しています。

立って仕事をオフィスでするメリットは?

 
オフィスで立って仕事をする
最大のメリットは
集中力が圧倒的ということです。
 

座っている状態のというのは
基本的に体の臓器を圧迫するため
呼吸が乱れやすく
ストレスを感じ
集中力が低下しやすいのです。

 

人は本能的に座っている時よりも
立っている時のほうが
集中力を高める性質があります。
 

私が立って仕事をするようになった理由も
集中力を高めることが目的でした。

 
 

そして、もう一つは体の運動不足解消。
 

立った状態で作業をするので
自然と足腰が強くなります。

 

また座っているときは
集中力を維持するために
糖分とコーヒーを
定期的に飲んでいましたが
そういうこともなくなったので
体は座って作業をしていた頃よりも
引き締まりました。

 
 

もちろん、
足が疲れやすいとうデメリットもありますが
それでも仕事の集中力を
高めることができるという魅力は
大きいわけです。

 
 

まとめ

 
・立って仕事をするための机は
 へそより1cm上の高さが理想。
 
・パソコンの作業をする場合は
 へその高さが理想。
 
・集中力を高めることができる
 作業方法。

 
 

スポンサードリンク

-アイテム

Copyright© ライフハックPRO , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.