生活

下町ロケット 名言・名場面!困難と絶望を乗り越える言葉

更新日:

sitamatiroketto
下町ロケットのドラマ、ついに完結。
 
最初にやりたかった
下町ロケットの名言・名場面を
ご紹介致します。
 
 
 
社会人にとって
仕事はお金を稼ぎ
生活を維持するためのものです。
 
それでも
そんな中でも
自分自身の存在意義を見出したいと考え
仕事に全力でぶつかる意味を
教えてくれる作品でした。
 
 
過去の下町ロケットの名言や感想は
こちらから
下町ロケット 名言・名場面【ネタバレ注意】
 

 

スポンサードリンク

 

下町ロケット 名言・名場面 佃航平の言葉

 
 

名言
sitamati000
 
作品を通して
佃航平の信念の源となる名言です。
 
私達は困難な場面に立ち会うと
「こんなこのは無理だ」と
サジを投げてしまいます。
 
佃製作所に降りかかる問題の
ほとんどは大企業の権力でした。
 
 
もちろん現実でこんなにスムーズに
話が進むことはないでしょう。
 
 
ですが、困難を打ち破る力
ブレイクスルーは
こういった信念から生まれるのでは
ないでしょうか。
 
 
 
名言
sitamati001
 
これは実際に開発に携わる人が
経験する事ですね。
 
すべてのことは
ある一定までは
確かに計算通りいきます。
 
ですが成功の為には
それ以上の何かが必要になります。
 
 
それは具体的な方法ではなく
泥臭い言葉で言えば
情熱であったりします。
 
何度も何度も失敗して
ある時、ある瞬間に
スッと、頭の中に
清水が流れ込むように
問題解決への糸口が
見つかるのです。

 
 
 

名言
sitamati003
 
そしてこの名言に繋がります。
最初、カッコをつけてやっている間は
見えないことが
見栄もプライドも捨て
言葉通り、必死になって
やりきった時に答えが見えてきます。
 
その時、動いているのは
頭ではなく心だと思います。
 
そして、次の名言に繋がります。
 
 
 
名言
sitamati004
 
佃航平の言葉には
一貫性があります。
 
これこそ、佃航平の強さなのでしょう。
 
 
 
名言
sitamati005

 

スポンサードリンク

 

下町ロケット 名言・名場面 殿村の言葉

 

作品を通して数々の名言を発信した
名言プレイヤー殿村。
 
特に印象深い名言をご紹介します。
 
 
 

名言
sitamati006

 
殿村は現実思考で
情に流されず
会社が存続するために
的確な方向性を示していくタイプでした。
 
ちょうど佃航平と真逆のような
存在でしたね。
 
ですが、だからころ
その言葉にある前向きな情熱は
見ている人を惹きつけるのでしょう。

 
 

下町ロケット 名言・名場面 推しのシーン

 

少し長いですが
私が一番好きな名場面です。
 
 
 

名言
sitamati007
 
本当はかなり長いシーンなのですが
まさに、この言葉が
モノ作りをしている人が
最も大切にしている
誇りであり、喜びです。

 
 

下町ロケット 名言・名場面 他の登場人物の名言

 

名言
sitamati008
 
一村はどんなに酷い境遇でも
立ち上がり、挑戦を続ける人でした。
 
この名言もサラッといいますが
その心の奥には
絶望へ立ち向かう勇気が
隠されていたんですね。
 
 
 
名言
sitamati009
 
真野が佃製作所に居た頃は
あくまで雇われる側と
周りに流されている傾向がありましたが
この名言を言う頃は
自分自身の生き方を見つけ
歩みだしたという印象でしたね。

 
 

スポンサードリンク

-生活
-

Copyright© ライフハックPRO , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.