ビジネス

忘年会ゲームを大人数の会社でやるなら?簡単?景品は?

投稿日:

忘年会のゲームを大人数の会社で行うとなると、それなりに気を使います。
 
特に30人以上の時は、全員が参加して楽しめるようなゲームを用意したい所。
 
そこで今回は、忘年会ゲーム・大人数の会社向けと景品についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

忘年会のゲームで大人数の会社向けは?

 

会社の忘年会でウケがいいものをピックアップします。
 
まず紹介するのは、少しだけ準備は必要ですが、どこで行っても好評なものをご紹介します。
 
 
 
■ ビンゴゲーム
 
鉄板ではありますが、30人以上であればビンゴゲームをすると自然と盛り上がります。
 
また、司会者の方はリーチになった人の名前や今年活躍した内容などを紹介すると、さらに盛り上がります。
 
 
 
■ 脱出ゲーム
 
宴会会場のあちこちに暗号を事前に隠しておきます。
 
そして参加者が突然事件に巻き込まれたという演出を行い、司会者が名探偵として、参加者たちにヒントや指示を出していきます。
 
最初に答えにたどり着いた人が優勝になります。
 
 
 
■ ロシアン饅頭
 
テレビなどでよく行われるロシアンルーレットの饅頭バージョン。
 
実際にわさびを入れると大変なので、別の味のあんこを入れるだけでいいでしょう。
 
他にも、天ぷら・ピザ・おにぎりなどでもできます。
 
 
宴会の場所によっては、お願いすれば作ってくれます。
 
 
違う味の饅頭を食べた人が優勝となります。

 

スポンサードリンク

 

忘年会のゲームを大人数で! 簡単なゲームは?

 

次に紹介するのは、準備をあまり必要としない簡単なゲームです。
 
シンプルではありますが、みんなでワイワイできるので楽しんで参加できます。

 
 
 
■ じゃんけんゲーム
 
これは定番中の定番ですね。
 
司会者が全員の前でじゃんけんをし、参加者も一緒にじゃんけんをします。
 
負けた参加者は座っていきます。
 
最後に残った数人でじゃんけんを行い、勝った人が優勝となります。
 
 
 
■ ○×クイズ大会
 
司会者が全員の前でクイズを読み上げ、○なら部屋の右側へ行き、×なら部屋の左側へ行くというものです。
 
最後まで残った人が優勝となります。

 
 
 
■ チーム対抗ジェスチャーゲーム
 
司会者はジェスチャーで表現するキーワードを事前に用意しておきます。
 
参加者は5人チームに分かれます。
 
そして、一人が回答者、一人がジェスチャーで与えられたキーワードを表現します。
 
回答者が答えることができれば、回答者は離脱。
ジェスチャーをしていた人は回答者へ周り、他の参加者の一人がジェスチャーを行います。
 
これを5問早く回答できたチームが優勝となります。

 
 

忘年会のゲームを大人数で! おすすめの景品は?

 

忘年会のゲームなら、勝った人にいい景品を贈りたい所です。
 
費用はそこここで、会社の人達が喜ぶものをピックアップしました。
 
 
 
■ 社長から褒められる券
 
優勝者には、これしかないでしょう。
この券を社長の前に出すと、褒めて褒めて褒め倒されるという特別な券です。
 
この券が優勝の景品として出たとき、会社の人達の笑いを取ることもできます。

 
 
 
■ 空気清浄器
 
空気清浄器は小型の機種が販売されるようになっています。
 
また、実際はそんなに高くない物も出回っているのですが、空気清浄器というだけで、高価な物と捉えられます。
 
男性にも女性にもウケが良く、健康的なイメージなので景品として人気があります。
 
 
 

■ 旅行券
 
金券ショップに行けば、温泉旅行やテーマパークなどのチケットが販売されています。
 
これをキレイにラッピングして渡すだけで、相手はとても喜びます。

 
 

まとめ

 

忘年会での楽しい時間は一年の疲れを忘れさせてくれます。
 
ちょっとしたことなのですが、これも一つの日本の行事ですよね。
 
そして、司会者さん、おつかれさまです。

 
 

スポンサードリンク

-ビジネス

Copyright© ライフハックPRO , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.