ビジネス

ノマド生活の現実と問題点 車の中での作業に注意!

更新日:

huukei_01
今までに
ノマドワーキングの
いいことばかり紹介してきました。
 
 

ですが
もちろん欠点もあります。
 

今回は車の中で作業をする場合の
ノマド生活の現実と問題点について
ご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

ノマド生活の現実

 

私がノマドワーキングを
行う場所は
車の中が7割
ファミレスや喫茶店などが2割
残りは図書館などの公共の施設です。
 
 
車の中で仕事をする理由は
空いた時間を有効に使うため
自然と車の中で仕事をする
スキルが見についたということです。
 
 
ですが、
車の中はもちろん狭いです。
 
20分程度であれば
そこまで苦痛は感じません。
 
ですが30分~60分となると
さすがに疲れます。
 
 
また、駐車スペースには
気を付けなければなりません。
 
 
 
道の駅などはトイレも使え
ジュースなども買うことができるので
比較的使いやすいです。
 
ですが公共の駐車スペースであれば
そんなに長く停めていられません。
 
コインパーキングに駐車する方法もありますが
その場合はもちろんお金がかかります。

 

スポンサードリンク

 

ノマドワーキングの問題点

 

人に迷惑を掛けない事
疲労の蓄積を回避する事
 
 
このことから車の中での
ノマドワーキングは
10~20分の作業しかできません。
 
 
そして一つの作業を
小分けして行うことは
なかなかの負担になります。
 
 
車の中で作業を行う時は
短時間で行うメリットとデメリットを
しっかりと理解してから行いましょう。

 
 

ノマド生活は楽しいだけではない。

 

車の中で作業をするとき
夏場であれば
暑さでバテテしまいますし
冬であれば寒くて手足が震えます。
 
エアコンをつければ
確かに改善できますが
無駄なガソリン代も掛かりますし
何より、アイドリング音が
ご近所様に迷惑です。
 
 
 
夜になると
真っ暗で作業できないため
スティック型LEDライトを
天井に取り付けて
作業をします。
 
明るさは十分ですが
やはり目の疲れがあります。
 
部屋の中で仕事をするのと
どっちがいいか?と聞かれれば
もちろん部屋の方が
圧倒的に楽というのが
本音です。

 
 

まとめ

 

ノマドワーキングは
効率的に仕事をするスキルです。
 
無理にノマドワーキングをする必要はありません。
 
私が車の中で仕事をするのは
ちょっとした空き時間を
仕事に充てることで
生産性をあげる為です。
 
 
中にはちょっと変わったアイテムも使うので
はじめてノマドワーキングを見た人は
驚いて興味を持つ人もいますが
決していいことだらけということでは
ないんですよね。

 
 

スポンサードリンク

-ビジネス

Copyright© ライフハックPRO , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.