アイテム

デジタル機器の整理術 スマホ・バッテリーをカバンに収納

更新日:

IMG_0688
デジタル機器を整理する時
鞄に詰め込んだだけだと
故障の原因になります。
 
すぐに取り出し
効率良く収納する方法を
ご紹介致します。

 

スポンサードリンク

 

デジタル機器の整理術 スマホ編

 

スマホの整理術として
よく紹介されるのは
バッグ・イン・バッグです。
 
 
これはカバンの中に入れる為の
小物入れのことです。
 
 
種類はいろいろありますが、
私は無印良品の
バッグ・イン・バッグを重宝しています。
 
他にもいろいろなものがありますが、
ここで注意して欲しいことは
直ぐに取り出すことがでくるか?
ということです。
 
この無印良品の
バッグ・イン・バッグのように
正面にポケットがあり
チャックなどのないものが
理想です。
 
確かに固定されないので
落ちる場合もありますが、
鞄の中にいれるのであれば
このポケットから落ちることは
まずありません。
 
なにより
鞄を空けて
ポケットからスマホを取りだし
使用した後
サッと直すという動作を
自然と行えるので
とても便利です。

 

スポンサードリンク

 

デジタル機器の整理術 バッテリー編

 

バッテリーや、必要なコードも
バッグ・イン・バッグに入れれば
キレイに収まります。
 
先ほど紹介した
無印良品の
バッグ・イン・バッグで
説明すると
中を空けてポケットに
なっているところへ
バッテリーを入れます。
IMG_0689
 
コードはチャックのついた
メッシュの中ですね。
 
ACアダプターやマウスは
中央のフリースペースに
収納します。
 
この中央のフリースペースには
スマホスタンドなども入れて
ノマドワーキングを行う時に
使用します。

 
 

デジタル機器の整理術 タブレット編

 

タブレット端末はさすがに
バッグ・イン・バッグには
入りません。
 
 
そのままカバンに入れるしかないのですが
この時にタブレット端末を
ノートなどでサンドして
収納します。
 
こうすることで
タブレット端末への
衝撃を緩和することができます。
 
 
私はタブレット端末はiPadを使用しています。
そのためカバーなども豊富に
発売されていますので
衝撃吸収タイプのカバーで
保護する方法もあります。
 
ただ、毎回毎回
取り出すときにめんどくさいので
チャックで完全密封するようなタイプでなく
カバーに縁があり、
その縁が衝撃吸収の役割を
してくれるものを選んで
使用しています。

 
 

まとめ

 

バッグ・イン・バッグを使うのは
基本的なことではありますが
 
どんなバッグ・イン・バッグを選べばいいか、
これについては何度もテストを繰り返しました。
 
皆さんもお困りのことがあると思いますので
この記事を参考にして頂ければ幸いです。

 
 

スポンサードリンク

-アイテム
-

Copyright© ライフハックPRO , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.