ビジネス

新規営業のコツ 簡単だけど、多くの人がやらない方法

投稿日:

今回は新規営業のコツについて、ご紹介します。

新規営業と一言で言っても、法人営業か個人営業か、さらに会社それぞれの方針によってスタイルは様々です。

そんな中、新規営業で成功する人達と話をする機会があったので、その時に学んだ内容をご紹介します。

 
 

 
 
スポンサードリンク

 

新規営業のコツ① 売り込まない。

 

新規営業のコツで、まず注意したのが、売り込まないことです。

会社によっては、初めての訪問で商品を1つでも売るか、もしくはきっかけ作りだけでもしておくべきと考えがちですが、新規営業で成績を継続して上げ続けられる人ほど、最初は売り込まない傾向があります。

 

実は、20年前であれば、例え100円の商品でも1つ売るだけで、繋がりができて取引が広がると考えられていました。

その考え方が間違っている訳ではありませんが、現代は情報量が多くなり、この手法は好まれなくなってきています。

 

どれだけ少額でも売り込まれるとストレスに感じるお客様も多いため、よほど欲しがる方でなければ、売り込まないようですね。

 

新規営業のコツ② 小まめに会いに行く。

 

新規営業のコツで、特に目立ったのが、小まめに会いに行くことです。

最近はメールで商談を進める場合もありますが、やはり対面の方が仕事の打ち合わせは盛り上がります。

 

特に新規営業の場合、直接会えるかどうかで、同じカタログを渡すのであってもその反響は大きく変わってきます。

 

新規営業のコツ③ 役に立つ営業を行う。

 

そして、最近特に感じるのが、役に立つ営業をお客様は求めているということです。

ただ商品を買うというだけであれば、今ならネットで簡単に発注をすることができます。

では、お客様が営業に求めているのは何かというと、自分に必要な情報を的確に提示してくれるスキルと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

新規営業のコツ④ 情に訴えるのはNG

特に新規営業で成績に焦る人が陥りやすい方法が、情に訴えるという手法です。

頑張りますのでやらせてください!と誠意を見せるくらいなら、まだいいのですが、親や子供のネタをチラつかせたり、会社のノルマがきついからと迫ったりというやり方は、お客様にとってはストレス以外のなにものでもありません。

 

一時的に買ってくれる人もいますが、その後は継続して購入してくれなくなる場合の方が多くなるので注意しましょう。

 

新規営業のコツ⑤ 雑談ではなく、仕事の話で盛り上がろう。

雑談力という言葉を聞くことがありますが、私の経験上、法人営業で雑談ばかりする営業は成績が低いです。

 

確かに雑談は楽しいですが、それは仕事を集中して行っている人からすれば、邪魔な行為になります。

わざわざ営業のために時間を割いているのだから、効率よく仕事の話をするか、仕事に繋がるネタを持ってきて欲しいというのが、本音のようです。

 

スポンサードリンク

-ビジネス
-

Copyright© ライフハックPRO , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.