ビジネス

記憶の宮殿のやり方は?実践の使い方は?練習方法は?【記憶術】

投稿日:

今回はユニークな記憶術として有名な記憶の宮殿についてお話したいと思います。

私は暗記をするのが得意ではないので、比較的楽しく勉強する方法として、記憶の宮殿を活用しています。

ここでは私が実践している記憶の宮殿のやり方や使い方、そしてこれからできるようになりたいという人にオススメの練習方法をご紹介します。

 
 

 
 
スポンサードリンク

 

記憶の宮殿 やり方は?

 

記憶の宮殿は映画ハンニバルのレクター博士のエピソードが有名ですが、実際に「記憶の宮殿」による記憶術は効果的だと私は感じています。

 

まずは記憶の宮殿のやり方を順を追ってご紹介したいと思います。

 

イメージで舞台を作る。

記憶の宮殿というネーミングから、構築するイメージは宮殿と思い込みそうですが、そこまで宮殿にこだわる必要はありません。

私の場合、街をイメージするところから始めました。

 

ここでポイントは「イメージする街やその時代設定」は、必ず現実通りにする必要はないということです。

例えば、ファンタジー作品の世界をベースにしてもいいですし、SFのような未来の世界をイメージしても大丈夫です。

 

登場人物の設定

ここが従来と私の記憶の宮殿とやり方の大きな違いかと思います。

 

記憶の宮殿でも、情報のインプット・情報のアウトプット・そしてそれらを繋ぐ鍵(キーワード)が必要です。

この点は他の記憶術と同じですね。

 

そこで私は情報の出し入れとなる鍵を登場人物を通して行います。

 

登場人物に関しても、現実の知り合いでも構いませんし、架空の人でも構いません。

 

登場人物との対話により、情報をインプットしていく。

そして情報のインプットを行います。

例えば専門用語を覚えたい時は、イメージの中の登場人物が、「〇〇について知りたいのですが、教えてくれませんか?」と聞いてきて、それに答える形式です。

この時、「時間・時期・日時」「場所」「登場人物が専門用語を知るためのストーリー」を一緒に考えます。

 

人はストーリー形式の方が記憶を維持しやすくなります。

その理屈をここでは利用しています。

 

また自分は教わる側ではなく、「教える側」に回ることも重要。

人に丁寧に教えるためには論理的な考え方が必要になります。

それは情報を体系的に理解する必要があるため、結果的に覚えたい情報をより深く記憶に残りやすい形でインプットすることができます。

 

スポンサードリンク

 

記憶の宮殿 実践の使い方は?

 

場所とシチュエーションを思い出す。

正直な所、記憶の宮殿に情報をインプットすると、ほとんどの場合そのまま覚えてしまいます。

 

それでもどうしても思い出せない場合がある場合は、情報をインプットした場所とシチュエーションを思い出すところから始めます。

 

あまり言われないことですが、人はストーリー形式だけでなく、場所と記憶を結びつける性質もあります。

ここで舞台設定をした意味が活きてきます。

 

質問されるシーンを思い出す。

誰かに質問をされるという体験は強烈な印象を脳に与えます。

場所とシチュエーションを思い出した後は、情報のインプットの際にイメージした「質問された言葉」を思い出してみてください。

この時、登場人物も一緒にイメージするとより効果的です。

 

記憶の宮殿 練習方法は?

 

遊び感覚で勉強する。

記憶の宮殿で活躍するのは主に暗記関連の勉強です。

暗記をする方法もいろいろありますが、どの方法を選んで勉強するのかは自分次第です。

お風呂やトイレで行う人もいれば、机にかじりついて行う人もいます。

 

記憶の宮殿による勉強は、空想をしながら遊び感覚で暗記する方法と考えてみましょう。

 

ニュースをネタにストーリーを作る。

時事ネタを暗記したい時は、ニュースの内容をネタに記憶の宮殿でストーリーを作ってみましょう。

さまざまなニュースが流れていますが、そのほとんどに「課題になっていること」と「解決方法の提示」の要素が含まれています。

それを2つの要素をベースにして、簡単でいいので記憶の宮殿内の登場人物を使ったストーリーを作ってみましょう。

 

好きな漫画の設定を変更してイメージする。

もし舞台設定などがイメージできないという場合は、好きな漫画を選んで、記憶したい要素を追加してみましょう。

 

例えば、オーストラリアの気候を覚えるとすると、腕が伸びる主人公が登場する漫画があるして、その主人公が仲間と一緒にオーストラリアに行って、気候の特徴を技にする敵が登場するというふう考えるといいでしょう。

その時に、その敵を倒す方法をオーストラリアが実施している環境対策を元ネタにした必殺技や道具を作ってしまえば、合わせて別の知識も覚えることができます。

 

まとめ

記憶の宮殿の練習方法として、ニュースネタや、好きな漫画を使った方法をご紹介しました。

これはさまざまな勉強に使うことができます。

 

とはいえ、私にとって記憶の宮殿は勉強というよりも遊びです。

 

ゲームで遊ぶ感覚で行っていて、ついでに仕事に使う専門知識も覚えている程度に考えています。

スポンサードリンク

-ビジネス
-

Copyright© ライフハックPRO , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.