ビジネス

ジブン手帳IDEAの使い方と活用法 挟み方から応用テクまで解説。

投稿日:

今回はジブン手帳IDEAの使い方についてお話したいと思います。

活用範囲が広く、いろいろと便利なIDEAですが、手帳に挟んで書く時に段差が原因で書きにくい、どんな内容を書いていいのかわからないといった疑問が浮かんでくる時はないでしょうか。

そんな疑問に役立つ情報をまとめました。

 
 
◆今回の内容◆

  • ジブン手帳IDEAの使い方 挟み方は?
  •  

  • ジブン手帳IDEAの活用法。
  •  

  • ジブン手帳IDEA アプリの活用法は?
 

ジブン手帳IDEAの使い方 挟み方は?

 

基本スタイル

ジブン手帳のリフィルはカバーの裏表紙の隙間に挟んで使うスタイルです。

毎回IDEAを取り外して書くという方法でも大丈夫なのですが、ジブン手帳に挟んだまま書かれる方も多いと思います。

ただ、ジブン手帳にIDEAを挟んだまま使う際に、最初に買った状態のまま使用していくと、途中からカバーが段差になり書きにくくなります。

そこで私は次にご紹介する方法でIDEAを挟んでいます。

 

段差が気にならない、IDEAの挟み方

私はIDEAの表紙を反対に折り返し、そちらをカバーに挟みます。


上の画像のようにIDEAの表紙を折り返します。

 

そして、IDEAの裏表紙はカバーの段差が邪魔にならないための台紙として使います。

この方法であれば、途中からであっても書きやすくなります。

 

書き始める時は、IDEAを少しずらして使うと書きやすい。

IDEAの表紙を折り返して、ジブン手帳のカバーに差し込むと、上の画像のようになります。

ただ、画像のようにIDEAと手帳の中心の間に少しだけ隙間があり、これが書き心地に影響が出ます。

そこで、もう一つのポイントは、IDEAに記入するとき、少しだけジブン手帳の中心とIDEAの中心が重なるようにずらすと書きやすくなります。

先ほどご紹介した、段差が気にならない挟み方であれば、違和感がほとんどなくなります。

 

ジブン手帳を閉じてもキレイに収まる。

IDEAの表紙を折り返すと、ジブン手帳を閉じたときに浮いてしまうのかもしれないと心配になるかもしれませんが、その点も問題ありません。

IDEAの表紙をきっちりと折り返して、自分手帳に挟んで閉じた後に、上に辞書などを置いて1日程度すれば、浮いてくることはなくなります。

これは新しいIDEAに切り替えて間もない状態ですが、ご覧の通り手帳は浮いていません。

 

スポンサードリンク

 

ジブン手帳IDEAの活用法。

 

一週間目標設定

これは私が使っているジブン手帳IDEAの活用方法です。

使い方としては、見開きで使います。

一週間の目標や課題を左ページに記載し、右ページにその結果を記入します。

 

一週間と書いていますが、正確には私が担っているプロジェクト毎に書いているため、3日間の場合や2週間の場合もあり、同時期にいくつもの目標設定を行う場合も多いです。

 

目標設定で大切なことは、曖昧な目標ではなく確実な結果になることを書くことです。

「頑張る」「真剣にする」「集中する」などという表現は一週間後に結果をまとめる時に目標をどう達成したのかがわかりません。

 

また資格試験合格や営業成績向上などは、目的であって目標ではないと私は考えています。

 

具体的に、営業成績向上を目的にするなら、挨拶回りの頻度を30%増やす、顧客が求めている専門知識の資料化する、新規顧客獲得のためにパンフレットを作成する、などといった具合で、後から達成しているかどうか誰から見てもハッキリとわかる内容にしておくことです。

 

また、右ページの結果では目標を達成できなかった場合の解決策も書いておきましょう。

解決策も「次は頑張る」ではなく、「前回の目標設定に問題があるから達成できなかった」と考え、改善策や見落としている問題点を探ることも重要です。

 

メモ帳

IDEAの場合、左側に仕切りの線が描かれています。

ここに日時やタイトルを書いて、メモを取っていくと、あとでチェックをしやすくなります。

 

TODOリスト

ジブン手帳IDEAは方眼紙になっているため、そのマス目を利用してTODOリストとしても使いやすいです。

 

日記

メモ帳と同じく、左側のエリアに年月を書いて、日記を書いていくのもIDEAのメジャーな活用法です。

 

アルバム

写真を貼って、アルバムとして使う方も多いです。

カラフルなペンを使って、自由自在に思い出を保存していけます。

 

映画ノート

映画を見た後の感想を書いたり、チケットや特典で付いてくるポストカードなどを貼ったりします。

私は映画が大好きで、一つの作品でも深読みしてしっかりと内容を考えていくのが好きです。

そういったときに映画ノートを書いておくと内容を整理して、自分の考えもまとまります。

映画レビューなどをその後見て、自分の考えとの違いを再チェックするのも楽しみの一つです。

 

旅ノートの作成

IDEAの使い方は自由です。

いろいろな使い方ができますが、私が試して楽しかったのが旅ノートです。

最初に書くことは、旅のプランです。

・やりたいこと
・スケジュール
・注意しておくこと

特に海外旅行で初めての地域は先に何をしようか決めておかないと、ブラブラと目的を探して歩いているうちに日が暮れるという場合もありますので、私はプランを立ててから旅行をするようにしています。

 

そして思い出や体験したことを、ジブン手帳IDEAに書いていきます。

飛行機や電車を使う場合、移動時間が手持ち無沙汰になるため、この時間を使って書き込んでいます。

イラストを一緒に書いたりしても楽しいですし、思い出の書き方は自由自在です。

 

書いている時もそれなりに楽しいのですが、あとで振り返って読んだ時にその時の楽しかった気持ちを思い出しやすいのでオススメです。

 

スポンサードリンク

 

ジブン手帳IDEA アプリの活用法は?

 

私のジブン手帳IDEAのアプリ活用法は、少し変わっています。

普通であれば対応しているアプリを使って、IDEAに書いた内容をデータ化、共有、タグ付けのようなことをするのですが、TODOリストくらいであれば、スマホのカメラで撮影する程度で済ませてしまい、デザインのメモなどであれば、スキャナーでPCに落とし込まないと線の濃さが上手に反映されないためです。

 

ではどう使っているかというと、「IDEAからアプリを使ってデータ化」ではなく、「IDEAの情報をアプリで補完する」方法です。

 

私は主にEvernoteにデジタル情報をストックさせています。

そして、IDEAに書いた内容で参照にする資料が必要な時は、そのキーワードや日時・タイトルなどを「〇〇参照」という形で書き残しておきます。

後は参照内容を思い出せない時にEvernoteを開けばすぐに情報をチェックできます。

また、デジタルカメラで大量の写真を撮った時は、後で必要な写真がどこにあるかわからなくなるので、画像のファイル名を参照に記載しておきます。

 

特にEvernoteを使用し続けている人ならわかると思うのですが、どこにどの情報を置いたのか思い出せない時があります。

検索するためのキーワードも思い出せない時もありますので、そんな時にこの方法が役に立ちます。

 

ここは人によって考え方が分かれると思うのですが、私の場合はメインがアナログで、それを補完するためにデジタルを使うという方法を使っています。

 

まとめ

ジブン手帳にIDEAを挟む時は、表紙を折りたたみ、カバーに差し込む。

書くときはIDEAを手帳の中心に少しずらして使うと書きやすいです。

ジブン手帳IDEAの活用法は、一週間目標設定や、メモ帳、日記、旅ノートなど自由自在。

スポンサードリンク

-ビジネス
-

Copyright© ライフハックPRO , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.