ビジネス

日記を毎日書く効果や継続のコツは?書かない時はどうする?

投稿日:

日記を毎日書く効果や、継続のためのコツについてお話したいと思います。

私も学生の頃から日記を書くことを先生たちから勧められましたが、実際に書くようになったのは社会人になってからです。

実際に初めて見ると、さまざまなメリットがあり、今では習慣となりました。

そこで今回は、毎日日記を書くことで得られる効果や、継続するためのコツなどについての情報をまとめました。

 
 
◆今回の内容◆

  • 日記を毎日書く効果は?
  •  

  • 日記を毎日書く継続のコツは?
  •  

  • 日記は毎日書かないのとダメなのか?
 

日記を毎日書く効果は?

 

イメージをまとめる力が付く。

私達がイメージしていることは、はっきりしているように感じていても、実際にはぼんやりしている場合が多いです。

日記を毎日書いていると、日々の何気なく感じたことを記録することで、少しずつハッキリするようになってきます。

 

目標の明確化。

イメージをまとめる力が付いてくると、自分のやりたいことを発見できることがあります。

例えば、最初は日記に日々の不満や悩みを書いていたとすると、「それならどうすればよいのか?」ということを冷静に考えられるようになります。

そこから次の目標が少しずつ明確になってきます。

 

目標の再認識。

私の場合は目標を手帳に書き込んで、いつでもチェックできるようにしていますが、それでもいつの間にかモチベーションが下がり、目標を意識しなくなる場合があります。

そういう時は日記にどうして目標を達成したかったのかなどの内容を書くようにしています。

 

集中力のコントロール。

私は日記を書いてなかった時期があったので、より実感している効果が集中力のコントロールについてです。

毎日考えていることや、その日の出来事を書くというそれだけのことなのですが、「今やるべきことは何か?」ということをしっかりと意識して行えるようになりました。

同時に雑念が入っている場合などであれば、それを自覚できるようになったようにも感じます。

 

感情のコントロール。

日記が感情のコントロールに役立つことは認められており、セラピーで実際に使われたりしています。

自分の考えをアウトプットすることで、「自分は何を考えているか」ということを客観的に認知できることができます。

 

体調の変化に気づきやすい。

体調がいい時と悪い時など日記に書いていると、自分の体調の傾向がわかるようになります。

私の場合は特に体調変化について日記に書いていますので、この効果を実感します。

 

満足感がある。

日記を書くというだけなのですが、意外と満足感を得ることができます。

毎日日記を書くことでが小さな目標となっているためか達成感があることを実感します。

 

スポンサードリンク

 

日記を毎日書く継続のコツは?

 

スケジュール帳で管理する。

日記を毎日書く習慣がしっかり付くまで私が使っていた方法です。

スケジュール帳に日記を書いた日は「〇」を付けるようにしていきます。

おすすめは手帳の月間スケジュールに付けると、書き忘れた日を自覚しやすいので、習慣化する時にはオススメです。

 

手書きでなくても大丈夫。

手帳や日記帳に書き込むのが一般的だと思いますが、今ならスマホに日記を書く方法も広がっています。

いつでも気軽に書くことができるので、時間を確保できないという人におすすめです。

 

時間を決める。

日記は夜寝る前という印象が強いですが、私の場合は起床後に行うことにしています。

どちらにしても、毎日決まった時間やタイミングで書くことを決めておくと習慣化しやすくなります。

 

書く内容を固定しない。

意外と盲点なのが、日記の内容を固定しないことです。

日記だから仕事のことは別のノートという風に分けてしまうと、意識が分散されるためか習慣化しにくくなります。

 

スポンサードリンク

 

日記は毎日書かないのとダメなのか?

 

週に1回だけでもOK

日記は毎日書くものというイメージが強いですが、週に1回休日だけ書く人も多いです。

それでも日記を書く効果は期待できますが、週に1回の場合、習慣化しにくいので注意が必要です。

 

しばらく休んでいても、また始めればいい。

正直なところ、私は日記を休む時もあります。

疲れている時や忙しい時などは休む場合もあり、1週間ほど何も書かない時期もありました。

とはいっても、また書き始めればいいだけと考えれば、気軽に続けることができます。

 

まとめ

1、日記を毎日書く効果

イメージをまとめる力が付く。

目標の明確化。

目標の再認識。

集中力のコントロール。

感情のコントロール。

体調の変化に気づきやすい。

満足感がある。

 

2、日記を毎日書く継続のコツ

スケジュール帳で管理する。

手書きでなくても大丈夫。

時間を決める。

書く内容を固定しない。

 

週に一回でも大丈夫。

しばらく休んでも、また始めればいいというくらいの気持ちで始めよう。

スポンサードリンク

-ビジネス
-

Copyright© ライフハックPRO , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.