記憶術 おすすめの方法と鍛え方は?簡単に思い出す方法は?

今回は記憶術に関してのライフハックをご紹介したいと思います。

より効率的に何かを覚えたいのは、社会人になっても同じことですね。

人により記憶のコツは違いがありますので、完全な正解はないのかもしれません。

ですが、多くの記憶術の方法を知っておけば、自分のライフスタイルをより改善していくヒントになるでしょう。

ここでは、私が今までに実践してきた記憶術の中でもおすすめの方法や、鍛え方、そして簡単に必要な記憶を思い出すコツをご紹介します。



◆今回の内容◆

  • 記憶術 おすすめの方法は?
  • 記憶術の鍛え方は?
  • 記憶術 簡単に思い出す方法は?

記憶術 おすすめの方法は?

関連付けをして覚える。

オーソドックスではありますが、覚えたい事柄と、数字や記号などを関連付けて覚えるのは、効果的です。

これは単語などを覚える時に効果的ですね。

ストーリー形式で覚える。

資料の内容などを覚えたい時などは、ストーリー形式で覚えるのがポイントです。

例えば、ビジネスで活用するような内容を覚える場合、イメージの中で相手を設定し、対話形式であなたが相手に教えるストーリーを作ってみるといいでしょう。

メモやイラストを描いて覚える。

特に講習会や勉強会などで、よく私が活用する方法です。

ノートに覚えたいことを、ひたすら書き続けます。

メモのようにざっくりと書く場合もあれば、イラストを書く場合もあります。

もちろん、講習会のような場所だと、そこまで綺麗に書いている余裕はありませんが、2時間程度であれば、ほぼすべてを記憶できます。(知らない専門用語は後から調べます。)

声に出して覚える。

今度は新しい知識を勉強する場合のおすすめの方法です。

声に出して覚えるというも、よく使われる方法ですが、これが予想以上に効果的です。

年齢を重ねると、ただただ情報だけが溢れる時期が多くなります。

一度に複数のことを考えなくてはならない時が増え、考えがまとまらないという経験は私だけではないと思います。

そんなタイミングで新しい分野の勉強をしようとしても、頭に入ってきません。

そこで、声に出して資料や本を読むことで、情報を音声化、リズムを付け、スローペースで論理的に内容をチェックすることができます。

脳科学の分野から見ても効果的と言われていますが、私の場合はそれ以上に頭の中の情報を整えるために、声に出して読む方法を活用します。


スポンサードリンク

記憶術の鍛え方は?

記憶には短期記憶と、長期記憶に分かれると言われています。

最初に覚えた記憶は、短期記憶として蓄積され時間が経過すると忘れてしまいます。

ですが、何度も反復することや、強い印象のあるものは長期記憶として残り、忘れにくくなると言われています。

次は覚えた記憶を長期記憶にするための鍛え方をご紹介します。

分析、考察をすることが記憶力を強化する。

特に新しい分野を覚える時に私が行う記憶の鍛え方が、分析・考察です。

内容から疑問点を浮き上がらせたり、資料には書かれていない内容を考察したりします。

ここは推理ゲームのように遊び気分を加えながら行いますが、この記憶の鍛え方は、かなりしっかりと覚えることができるのでオススメです。

頻繁に使用する。

覚えた内容を、何かの形で使用することも効果的です。

特に単語を覚えたい時には、冗談でもなんでもいいので頻繁に使っていると覚えやすくなります。

記憶の宮殿を作り上げる。

記憶の宮殿とは、イメージの中でお城を作り、その中に記憶したい内容を収納しておく方法です。

とはいえ、人によりその作り方は様々です。

あくまで私の方法ですが、宮殿ではなく街を作ります。

自宅・会社・海に山など、今自分が住んでる街を記憶の宮殿として使用しています。

そして、記憶したい内容は映像として保存するようにしています。

記憶の映像は、短編映画のようなものと考えてください。

起承転結を付けて、登場人物・盛り上がりやクライマックスなども意識して作ります。

これは、感情を入れることで記憶しやすいようにするためのコツです。



スポンサードリンク

記憶術 簡単に思い出す方法は?

せっかく覚えた記憶も、思い出すことができなければ意味がありませんよね。

そこで次は、簡単に思い出す方法についてご紹介します。

記憶を引き出す鍵を用意しておく。

記憶を思い出す方法として有名なのは、関連付けたものを使う方法です。

単語などであればわかりやすいですが、資料や会議の内容を思い出す場合は、ストーリーで覚えておく方が効率的です。

先ほどの記憶の宮殿の場合であれば、会議の内容のいくつかのポイントにサブタイトルを付けて覚えておきます。

内容にもよりますが、2時間の会議であれば、20程のサブタイトルを付けておきます。

後はサブタイトルをチェックすれば、思い出しやすくなるという訳です。

さらにオススメのコツは、サブタイトルだけをリストアップして、内容を思い出し、そこから考察を加える方法です。

会議や講習会などは、特に活用しています。

意図的に覚えない時間も作る。

なんでもかんでも、全て覚えようと身構えてしまうと疲れてしまいます。

そこでプライベートなどで「なにも覚えない時間」というのものを作っています。

平たく言えば、ぼんやりとして、リラックスしている時間です。

この間は音楽もTVもない、情報が入ってこない時間にしています。

寝ているのとは違い、意識してぼんやりする時間を作ると、何かに集中したい時にスイッチが入りやすくなると私は感じています。

まとめ

記憶術は本当にさまざまな方法があります。

学生時代の時は覚えることが決まっていましたが、社会人になると「答えのないことを覚える」ということが多くなります。

答えがなく、論理的ではなく断片的な情報を覚えるというのは、一番記憶に残らないことですが、それを拾い上げて覚えていかないとビジネスが成り立たないのも事実です。

やり方は自分にあった方法が一番です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA