マネジャーに求められる状況を整理する力

【この記事のポイント】

・理想のチームは一時的にできても、すぐにダメになる。

・人はそれぞれ毎日変化していく。

・マネジャーは状況を把握し、情報を整理して行動するべし。


【解説】

効率のいいチームの動きを管理することはマネジャーに求められる事の一つ。
そしてよく悩みを聞きます。

部下が思った通り動かない・・・

そうですね。
思った通り動いてくれません。
そもそも効率のいいチームとはどんなものなのでしょうか。
無駄がなくスピーディーで、手間が掛からず
皆が仲よく、楽しく、前向きに仕事をしてくれる。
そして・・・しっかりと結果を出す。
いいですね。
理想の形です。
でもですね、結論を言わせて頂きます。

そんな理想のチームはできません!!

一時的にできても、すぐにダメになってしまいます。
なぜなら人にはそれぞれの個性があります。

そして個性は時間とともに成長し変質していきます。
良くも悪くもです。

スポンサードリンク

それも1日単位で変化していきます。
私が見てきたチームでも
とても理想的に見えたチームが
たった1日で絶望的な状況になったこともありました。

ですが、マネジャーの立場になれば
まぁいいやで済ませるわけにはいきません。
だからこそ、整理するのです。

人の個性・特徴を把握しチームの人間関係を分析し、その情報を整理します。

熱血教師のような方から見れば
冷たい人間のように見えるかもしれませんが
しっかりとメンバーの個性を分析することは
結果的にそのメンバーの未来へと繋がります。
分析は冷静に、そして行動は情熱的にです!
そうすることで、バラバラの個性は一連の動きになり
効率のいいチームへと変化し始めます。

例えでいえば、サッカーがわかりやすいです。
1つのボールを全員で追い掛け回せばどうなるでしょうか?
あっという間に隙が生まれ負けてしまいます。
ポジションを与えて役割分担します。
それでも隙は生まれます。

そこに全員が見ていない所を見る力のある選手を入れます。

すると・・・
全員のポテンシャルが一気に上がります。
私はスポーツの中でサッカーほどチームワークの勉強になるものはないと
考えています。

今度、テレビを見るときはぜひそういったところも見てください。

それでは!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA