音声入力ソフトの比較 おすすめは? iPhoneとドラゴンスピーチ

今回は音声入力の比較のおすすめについてご紹介したいと思います。

実を言うと私は腱鞘炎を患っています。痛みが和らいでいる時は、キーボードを使って打ち込みをしますが、腱鞘炎がひどい時期は、音声入力で文章を起こしています。

そんな中どういった音声入力のソフトが良いのかと迷われる方も多いのではと思い、実際に私が試した音声入力ソフト、ドラゴンスピーチと、iPhoneを比較してどうだったかということをご紹介します。


◆今回の内容◆

  • 音声入力ソフトの比較 ドラゴンスピーチの特徴は?
  • 音声入力ソフトの比較 iPhoneの特徴は?
  • 音声入力ソフトの比較 オススメはどっち?

音声入力ソフトの比較 ドラゴンスピーチの特徴は?


ドラゴンスピーチと言えば、音声入力ソフトとして、とても有名な商品ですね。PCで使う音声入力ソフトとして、初めて買うときはドラゴンスピーチから始める人も多いのではないでしょうか。

欲しい機能が揃っている。

実際にドラゴンスピーチをパソコンにインストールして使ってみた感想としては、ベテラン向けの内容と思いました。

言うまでもなく性能としてだけであれば、優秀と言えるでしょう。登録されている単語の量や、一度に話した場合でも、ちゃんとした変換してくれることが多いです。またよく使う言葉を登録させておくこともできるため、自分に合った音声入力のスタイルを作ることができます。

使いこなすには準備と慣れが必要。

口コミサイトなどをチェックすると評価は高いのですが、音声入力を初めて使われる方にはクセの強いソフトと思います。

最初に自分の声を入力して何度も繰り返しているうちに、精度を高めていくと言う作業があるのですが、これが上手く行かない場合があります。

慣れてくると、なんとなくできるようにはなってくるのですが、それでも「もっとすらすらと文章を起こすことができる」と思っていた方には歯がゆい気持ちになるのではないでしょうか。

マイクはメーカーが推奨するものを使用すること。

ドラゴンスピーチの弱点は、マイクの精度によって大きく違うことです。ドラゴンスピーチの求めるクオリティーを再現できるマイクでなければちゃんと認識してくれない時がありますので注意が必要です。

パソコンのスペックが高いモノでないと、処理に時間がかかる。

さらにドラゴンスピーチはパソコンの性能に大きく影響されますので、性能の良いパソコンでなければ、変換に時間が掛かります。

当初、新型ではありましたがノートパソコンで使用したことがあります。その時は変換が遅く、使い道に困った時期がありました。

性能のいいPCで、尚且つマイク一式をメーカーが推奨するものを使用するなど、環境を整える点に負担はありますが、本格的に音声入力で仕事を進めていきたいと考えている方には、必要な機能が揃っているソフトです。

スポンサードリンク

音声入力ソフトの比較 iPhoneの特徴は?


では次にiPhoneに関しての感想をご紹介します。iPhoneのSiriを使えば、音声入力をすることができます。

変換スピードは最高

実際に使って驚くのはその精度の高さと言えるでしょう。しかもこれが無料でできるんですから、初心者にとっては嬉しいアイテムですね。

使いやすい

使い方には独特な要素もありますが、直感的に使うことができるため、慣れていない方でもそれなりの作業をこなすことができます。

入力後はメールでPCへ送るのが、面倒。

比較的スラスラと入力できる代わりに、文章起こしをした内容はわざわざパソコンにメールで送る必要があります。

通信環境により、変換スピードに差がある。

またiPhoneの音声入力機能は、通信を経て行われているので、電波状況により変換スピードが大きく違います。例えばWi-Fi環境の時であればすらすらと変換していきますが、電波の悪い所であれば認識しないこともよくあります。

目が疲れる。

もう1つだけ注意が必要とするのは、意外と目が疲れることです。実際に使っていただくとよくわかるのですが、画面をものすごく顔に近づけるため、光が目に負担をかけるようですね。


スポンサードリンク

音声入力ソフトの比較 オススメはどっち?


これらのことを踏まえると、パソコンの音声入力ソフトとして有名な、ドラゴンスピーチとiPhoneの知りの機能を比べると一長一短と言えるでしょう。

初心者におすすめは、iPhoneの音声入力

仕事で使う場合であっても、もし音声入力にまだ慣れていないのであれば、iPhoneの機能を使いたほうが一やすいと思います。

音声入力とは言っても、iPhoneの使った場合であれば指で操作をしたり画面に顔を近づけたりすることがあるため、抵抗を感じる方もいるとは思いますが、やはり認識のスピードに関しては非常に優れています。

またiPhoneを使った音声入力はいろいろな人がしているため、口コミサイトなどを使って情報をチェックしやすいこともお勧めの理由です。

まずはiPhoneから始めてみてそれで音声入力に慣れてきたら、今度はドラゴンスピーチを試してみると言う方法いいですね。

環境さえ整えれば、ドラゴンスピーチの性能は高い。

ドラゴンスピーチを購入される場合は、まずパソコンのスペックが、かなり高めのものであること、音声入力に慣れていること、マイクをドラゴンスピーチが推奨しているモデルにすること、最初の間はうまくいかないことを覚悟することなどがあります。

これさえクリアしていれば、慣れるまでの間に関してはストレスも感じるとは思いますが、その後は比較的スラスラと入力できるでしょう。

音声入力は同じ文章を書くにしても感覚がかなり異なるので持ち不向きがあると思います。

今回はiPhoneとドラゴンスピーチの音声入力の比較をご紹介しましたが、私のように腱鞘炎を患っている人間にすればこういった音声入力は非常に助かります。

ちなみに今回の記事もすべて音声入力で文章を起こしたものです。

まとめ

1、
ドラゴンスピーチは、環境を整えるまで手間がかかるが、性能は高い。

2、
iPhoneのSirの機能を使えば、音声入力が簡単にできる。

3、
音声入力に慣れていない間は、iPhoneがおすすめ。本格的に仕事を使っていく場合は、ドラゴンスピーチも役に立つ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。