空気が読めない自分の直し方 原因は?改善法は?


今回は空気が読めないと指摘され直し方で悩んでいる方向けの情報をご紹介します。

空気が読めないと言われ自分が悪いと思いなんとか克服したいと考える方は非常に多いようです。ですが、なかなかしっかりとした答えが見出せず原因や改善法がはっきりしないという声も聞きます。

そのような時に役立つ情報をまとめました。


◆今回の内容◆

  • 空気が読めない自分の直し方 原因はなに?
  • 空気が読めない自分の直し方 克服する方法は?
  • 空気が読めない自分の直し方 改善法は?


空気が読めない自分の直し方 原因はなに?


まずはここから入っていきましょう。空気が読めないと言われる原因はなんなのでしょうか?そのことについてご紹介します。

空気が読めないとは、どういう意味はなに?

空気が読めないとは、一体どういう意味で使われるのでしょうか。辞書などで引けば相応の意味が出てきますが、実際に使われるのは、自分にとって都合の悪いことや面白くないこと、または自分のイメージと違うことを表現する人に対して使われます。

これは、いわゆる「評価」に分類する意味であり、評価は人それぞれ基準が違うのだということを理解しておかなくてはなりません。

空気が読めない人の特徴は?

空気が読めない人の特徴ですが、話すことが苦手な人と言われがちですが、それは間違いと私は考えます。あまり話さない人でも指摘されない人もいれば、口達者な人でも空気が読めないと指摘されている場面は良く見かけます。

あえていうならば、空気が読めない人というのは、そのグループ(コミュニティ)とは違う考え方・文化を持っていることでしょう。

ですが、重要なことは自分が空気が読めないことではなく、「空気が読めない」という言葉を使う人の性格と言えるでしょう。

この視点から考えると、空気が読めないと言われる人の特徴は、何かしらの理由で立場が低いと言えるのかもしれません。

スポンサードリンク

空気が読めない自分の直し方 克服する方法は?


空気が読めないということは、発言者の評価であるということがわかりました。

ですが、会社などで生活するために自分の性格を直したいという方のための克服法をご紹介します。

YESマンになる。

空気が読めないと言われる状況にもよりますが、結局のところは空気が読めないと言われるのは評価です。そういった場合にはまずYESマンになるところから始めることがオススメです。

ですが、相手が悪意を持っている場合もあるので、状況に合わせる柔軟性を持つようにしましょう。

周囲の人と同じ表情やしぐさをする。

自分の感情もあるとは思いますが、グループでいる時は、周囲の人と同じ表情やしぐさを真似するのも効果的です。笑う時には笑い、黙る時には黙る。

日常会話の時でも相手を褒めたり冗談を言ったりする。

グループになった時だけ合わせていると、標的にされることもあります。普段から周囲の人達との人間関係の構築も大切。冗談を交えながら、相手を褒めるのは有効な手段です。

とりあえず、グループの輪に入っておく。

そこまでしゃべるのが得意ではないという方は、とりあえずグループになっているところへ行き、しゃべらなくてもいいので黙って立っているところから始めるのもいいでしょう。

良くならない場合は、相手が悪い可能性を考える。

それでも良くならない場合もあります。その場合、あなたに原因があるというよりも、相手側(グループ)に問題がある場合が多いです。相性が悪かったと割り切り、そのグループから離れることを考えてみましょう。

気にしないように心掛ける。

空気が読めないという言葉も、その本質は人間関係に他なりません。そして人間関係はどのような状況でも多大なストレスを与えます。

空気が読めない自分の直し方というテーマとしては、皮肉なアドバイスですが、気にしない・自分は自分という気持ちを持てるようになることも大切です。

スポンサードリンク

空気が読めない自分の直し方 改善法は?


次は自分を変えるのではなく、環境を変えるという視点から、空気が読めないと言われる状況を改善してみましょう。

適度な人間関係を維持する。

親しき中にも礼儀ありと言いますが、空気が読めないという言葉を本人に向かって使うことは非常に失礼な行為です。仲良くすることは良いことですが、ほどほどの距離感を保った人間関係を維持するようにすることもオススメです。

時には距離を取る。

それでも頻繁に空気が読めないという理由で迷惑を被る時は、その人間との関係に距離を取ることも必要です。職場であれば、それを理由に仕事の負担を増やしたり、職務妨害にまで発展するようであれば、上司に相談をして職場の移動も考えることも時には必要でしょう。

自分のやりたいことを見定める。

相手の言葉を気にしても、相手が評価を変えるどうかは相手次第です。それならば考え方を切り替えて、将来自分が何を成し遂げたいのかということをじっくりと考えてみるのはどうでしょうか。

自分の価値を認め協力してくれる人を探す。

捨てる神あれば、拾う神ありと言いますが、例え空気が読めないとしても、周囲の人達でサポートすればいいだけのことです。そうすればあなたは得意分野に専念でき、周囲にとってもメリットになります。

まとめ

1、
空気が読めないとは、評価の言葉であり、使う人の考え方や感じ方に左右される。

2、
空気が読めないことと言われることの直し方は、相手に合わせること・周囲に合わせることを重視する。

3、
上手くいかない場合は、環境を変えることも重要。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA