40代転職の後悔 現実と苦労をどうすれば乗り越えられる?


今回は40代の転職についてお話をしたいと思います。

40代で転職を考えている時、理想と現実、あとで後悔をしたくないなどと言った不安が浮かんでくる方も多いでしょう。

そのような方々に役立つ情報をご紹介します。



◆今回の内容◆

  • 40代の転職は後悔する?
  • 40代の転職の現実と苦労。
  • 40代の転職 どうすれば乗り越えられる?

スポンサードリンク

40代の転職は後悔する?


今までに40代の転職してきた方々と、何度かお話してきたことがありますが皆さん口を揃えて後悔してているということを言われます。

転職される場合、今よりもいい条件で働きたいと考える方が多いですが、現実は大変のようです。


スポンサードリンク

40代の転職の現実と苦労。


実際に私が聞いてきた話では、転職そのものが難しいという話を聞きます。私がオススメする転職の理想年齢は27歳です。その次が34歳。30代を超えての転職は管理職を経験しているかどうかでも大きく変わってきます。

ですが40代を超えてからの転職は経歴だけでなく、実質的なスキルも重要です。受け入れる会社にもよりますが、営業ができる・大きなプロジェクトを企画したというようなものは、会社が変われば通用しない場合が多くなります。

つまり、努力の成果という本来評価されるべきものが、転職の際にはあまり重要視されないのです。

また無事に転職できたとしても、今まで慣れてきた環境と違うため、非常にストレスを抱え込む生活が続くそうです。

何より大変なのが人間関係です。新しい上司とうまくやっていくことができるかどうかは転職してみないとわかりませんし、40代での転職で厳しいのが、
年下の先輩とどのように付き合っていくのかも大変です。

40代の転職 どうすれば乗り越えられる?


では、どうすれば40代の転職を上手く乗り越えられるか考えてみましょう。

十分すぎるほどの準備をする。

40代の転職を考えた時、すぐに目当ての会社が見つかったからと言って、すぐに会社を辞めるのは早計です。

今の会社を退職する時は、次の会社への就職が決まった時と考えましょう。

さらに考えたいことは貯金です。
転職した後には、また給料が貰えるから貯金はそこそこあればいいと思っていてはいけません。万が一のために貯金はできる限りしましょう。

転職先の情報は徹底的に調べる。

転職先が本当にいい会社かどうかはわかりません。むしろ問題があって当然と考えるのがベターでしょう。それでもまともに生活ができるレベルなのかどうかを見極める必要はあります。口コミサイトなどで十分に情報をチェックし、徹底的に問題点を探りだした上で転職先を選ぶことをオススメします。

今の会社を辞めるリスクを冷静に分析する。

今の会社を辞めて後悔しないためにも、退職後の先にある苦労と、今の会社で一生を過ごすことの負担を秤にかけて本当に転職するだけの価値があるか?リスクはどうなのか?を冷静に分析しましょう。

これは、辞めた後に後悔が頭をよぎった時に、あのまま続けても先はなかったと考えられるためにも重要なことです。

ストレスをコントロールする。

転職準備をしながら、本職を行うことは非常にストレスが溜まります。

これは実際に経験した人にしかわからないくらい大きな負担です。上手にストレスをコントロールして、自身の状態を最適に保っておけるようにしないと、冷静な判断ができなくなりますので注意してください。

体力をしっかりと付ける。

40代の転職で見落としがちなのが、体力の問題です。転職活動は、予想以上の体力を消耗します。20代の頃は勢いで乗り越えることもできましたが、40代になると、非常に堪えます。栄養バランスやトレーニング(特にウォーキングやランニングなど)をして体力を維持しておきましょう。


まとめ


40代の転職でノーリスクということは、まずありえません。ですが、もう駄目なのかといえばそうでもありません。

どのような生き方を求めるかにもよりますが、生きることに必死になれば、それ相応の報酬は発生します。

ですが、その時にもっとも大切なことは、ご自身の体と心です。

記事の中でも紹介しましたが、転職の最大のテクニックは、ストレスコントロールと、体力の維持です。

この2つが備わり、冷静に考えて行動すれば、おのずと道は開けるでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。