起業年齢の統計 平均と成功率を分析


起業のタイミングを考えるとき、
自分の年齢は一つの目安になります。

その時に役立つのが統計情報です。

全体的にみて起業する年齢の
平均や成功率は
どうなのかといった情報を
チェックしてみましょう。



◆今回の内容◆

  • 起業年齢の統計 平均は?
  • 起業年齢の統計 成功率は?
  • 起業年齢の統計と分析。

起業年齢の統計 平均は?

起業年齢別の統計データ

まずは起業年齢の統計を
年齢別から見ていましょう。

平成24年の統計局データから
実際に起業した人を
各年齢層ごとに分けると
以下の通りとなります。

20~29歳:1.4%
30~39歳:9.8%
40~49歳:17.4%
50~59歳:21.0%
60~69歳:30.7%
70歳以上:19.5%

50代後半から60歳後半までの年齢層が多い。

たんに平均として見るなら、
50代後半から60代後半までが
最も起業する割合が多いと言えます。

この年齢層は経験を重ね、
人脈も形成しており、
資金も確保していることなど、
起業に必要な条件が揃っていることが
理由に挙げられます。

また、万が一の場合も
年金の積み立てもあるため、
人生に対しての
保険を用意できていると言えるでしょう。

専門職種への起業が多い

これらの傾向と共に確認したいのが、
起業した職種です。

一番多い起業業種は
研究・専門・技術サービス業と
なっており、
続いて、卸売り・小売業、
その後に建設業となっています。

20代~30代は生活関連系のサービスが多い。

生活関連の起業となれば、
時代のニーズに敏感である必要があり、
流行に敏感な20~30代が
起業する傾向があります。


スポンサードリンク

起業年齢の統計 成功率は?

起業の成功率は計りにくい。

起業の成功率に関しての統計は
収集が特に難しいとされています。

失敗が赤字なのか?倒産なのか?
によっても変わりますし、
提供される情報の正確性も低いためと
言われています。

起業から10年後に残っている企業は5%が目安?

起業から倒産までの統計データは、
調査方法によって非常に差があります。

その中で中小企業に絞り、
10年の幅で見た場合、
約5%くらいというのが
目安と考えられます。

ただし、これは倒産の割合であり、
成功率としては
さらに低いと考えられるでしょう。

起業から10年後に成功しているのは1~2%と考えよう。

成功ということであれば、
十分な利益を得て、
さらに発展性・継続性が
見込まれる企業ということになります。

そうなれば1~2%というシビアな数字が
浮かび上がってきます。

年齢別で見た場合、50代後半~60代後半が最もリスクが低い。

ここまででわかる通り、
成功率を明確な数字で表すことは
非常に難しいと言えるでしょう。

それでも予測するならば、
50代後半~60代後半の起業が
リスクとしては
最も低いと言えるでしょう。

理由はリスク対策の
準備ができるという点に尽きます。

30代の起業はやり直しが可能。

次に起業の意欲が高くなる30代ですが、
この年齢は例え失敗したとしても、
やり直すための時間が残っています。

そのため統計上では
廃業していたとしても、
新たにやり直し、
再度起業するという選択があります。



スポンサードリンク

起業年齢の統計と分析

起業の年齢別の統計を
チェックする中で見えてくるのは、
独立・起業の戦略は
年齢に合わせて
考える必要があるということです。

50歳後半以降の起業戦略

定年退職をして、
資金に余裕があった場合であれば、
人を雇い、経験と人脈を活かした
起業戦略を考えることができます。

ただし、体力と時間的な面から見て、
今からのんびりとスキルアップを
しているようでは間に合いません。

起業と同時に全力で仕事に臨める
準備と気迫が必要でしょう。

40歳以下はリスク管理と、スキルアップが必須

そして40歳以下であれば、
失敗した場合のリスク管理を
戦略に組み込んでいく必要があります。

そこで求められるのは、
自分でできることを
率先してこなしていく行動力と、
スキルアップです。

そして自分が60歳になった時、
どのように会社を運営するか?
自分はどうするか?
万が一、失敗したときはどうするか?
といった多角的な視点から
戦略を練り上げていくことが
求められられるでしょう。

40代から50代前半の起業戦略

統計データを見ても
この年代の起業人数の割合は
低くはありません。

体力的にも30代前半と比べれば、
大きく劣っていることは
実感できることでしょう。

そこで武器になるのは
自分の知識と経験です。

この時点から
全く新しい分野への挑戦は
リスクが高くなりますが、
同業種の仕事で
経験を活かすことができる分野を
狙うのが定石でしょう。

同時に生活費なども
10年分は確保できるようにし、
万が一廃業した場合の対策も
30代以下の時に比べて、
より慎重に行うことが求められます。


まとめ

50代後半から60歳後半までの年齢層が多い。

20代~30代は生活関連系のサービスが多い。

起業から10年後に残っている企業は5%が目安。

起業から10年後に成功しているのは1~2%と考えよう。

年齢別で見た場合、50代後半~60代後半が最もリスクが低い。

30代の起業はやり直しが可能。

年齢に応じた起業プランを考えることが大切。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA