行動力の原動力、やる気を引き起こす方法

【この記事のポイント】

・やる気は行動力の原動力。

・やる気・集中力はバランスを保つことが大切。

・まずは行動を止めて、ゆっくりと動きだします。

【解説】

やる気ってみんながよく言う言葉ですよね。
あなたも使いませんか?
使いますよね。

でも、やる気ってなんでしょう?

一言でいえば、行動力の原動力です。

ですが、その正体はさまざま。

私はスポーツコーチの勉強を経て
やる気や集中力を科学的に調べたことがありますが
どの資料も漠然としていて明確な答えというものはありませんでした。

ただ、行動力の原動力なのは確かです。
なのでやる気がなければ何もすることはできません。

整理術は知っていても行動に移せなければ何も意味がありません。

そこで、やる気=モチベーションを高めながら、バランスを保つことをご紹介したいと思います。

大切なのは高める!ではなく
維持し続ける!!でもなく

バランスを保つ!!

これ!!

スポンサードリンク

これが大切なんです。

やる気を一時的に高めることは意外と簡単にできます。

ところが時間が経つと反動で一気にやる気をなくしてしまいます。

そこでやる気・集中力を維持しようと考える人が出てきます。

そして失敗します。

だからこそ、やる気・集中力のバランスを整える術を覚えていく必要があるのです。

1つポイントをご紹介致します。

まず動きを止めてください。
そして、ゆっくりと動き出してください。

ゆっくり、ゆ~っくりとです。

そして少しずつ本来のペースに戻していきます。

この一度リセットして、スロースタートするという手法は
スポーツや武術でもよくみられます。

事実、とても効果的なので是非お試しください。

よく集中力のトレーニングで禅を組む人がいます。

あるお坊さんが言っていた言葉です。

「禅は心は磨くのではありません。

高めるのでもありません。

心を整えるために行うのです。」

それでは!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA