会社の独立 準備とタイミング 辞め方は?


今回は独立開業の準備について、お話したいと思います。

人により独立を考える動機はさまざまだと思いますが、そのためには必ず準備が必要になります。そこで全くのゼロの状態から独立へ進むための準備についてのノウハウをご紹介します。



◆今回の内容◆

  • 会社の独立 準備しておきたいことは?
  • 会社の独立 タイミングは?
  • 会社を独立する時の辞め方は?

会社の独立 準備しておきたいことは?

資金と生活費の確保

まず最初にこれができていなければ、会社の独立・起業をすることができないことが資金と生活費の確保です。銀行などの融資も含めて、資金が確実に確保した状態にしておかなくてはなりません。また会社の運営資金ばかりでなく生活費の管理も忘れないようにしましょう。

専門知識の習得

どの業界に行くとしても専門知識の習得は必須条件になります。特に失敗しやすいことがサラリーマン時代に同業界で働いていた経験があるので大丈夫と油断していると足元をすくわれます。経営者の視点とサラリーマンの視点では求める専門知識が変わります。経営者としてこれから挑む業界で、どのような知識が必要なのかを探っていきましょう。

ビジネスモデルのテスト

まず断定して言えることは、独立しようと考えた時、最初に考えたビジネスモデルは必ず欠陥があります。そのためビジネスモデルの欠陥探しからスタートした方が、独立をするためには近道となります。

事業計画書の作成

準備期間であっても事業計画書は作成しておきましょう。これは提出するためのものではなく、事業計画書を通じて、経営ヴィジョン・ビジネスモデル・資金繰りなどのイメージをより明確にするための物です。

ライバルの動向チェック

ライバルの動向のチェックは当然のことかもしれませんが、ここで伝えたいことは、あなたがライバルと思っている企業はライバルではなく、真のライバルが影を潜めているということです。今の自分に見えていないライバルを見つけ、対策を考えることも準備期間の内にしておきましょう。

人脈作り

パートナー企業を含め、人脈作りはできるだけしておくといいでしょう。独立の際に特に必要な人脈は専門知識を頼める人と、経営・経理に詳しい人です。また深い付き合いではなく、軽い挨拶程度ができる人脈作りも準備期間中にしておきましょう。

メンタル管理

独立のために現在勤めている会社を辞める前はメンタルが非常に弱くなります。さらに独立してから、しばらく経つと急にネガティブな感情が沸き上がるという話を多くの方から聞きます。メンタルの管理は経営者にとって自社の売り上げに直結する要素のため、メンタル管理をできるように準備しておきましょう。

変化することを予測して柔軟に対応すること。

準備期間中に、HPや店舗などを早々と開設することはオススメできません。実際に起業を繰り返すとわかりますが、どれだけ起業経験があっても準備期間中は変化の毎日です。昨日まで考えていた方法が、次の日にはゴミ屑のようになってしまうのが独立の準備期間と考えてください。準備期間は変化することが当然なのだと考え、その状況に合わせて柔軟に対応できるように準備を進めるテクニックが要求されます。

できるだけ失敗をする。

独立前はできるだけ失敗をして、恥をかいておく方が、後で大きな財産になります。同時に私が思うのは、失敗を怖がる人は起業には向いていません。できるだけ多くのことにチャレンジし、多くの人と話をし、そして失敗を通じて自分にできることと、できないことを冷静に分析していくことが大切です。

夢から現実へ切り替える。

独立をしようと準備を始めた段階では、いろいろな期待に胸が躍っている時期でしょう。ですが独立した後にあるのは、想像とは全く違う現実です。夢を語り希望をエネルギーにすることは大切ですが、同時に現実をありのまま受け入れ、それに対処していく覚悟が必要です。


スポンサードリンク

会社の独立 タイミングは?


現在、サラリーマンをしていて、会社を辞めた後に独立をするなら、どのタイミングなのかと考えるところですね。独立起業のために今の会社を辞めるのであれば、3年ほどの準備期間がちょうどいいと私は考えます。

3年の準備期間の理由

家族などが会社を経営していて、さまざまな面でバックアップしてくれるというのであれば別ですが、会社の起業は一般的に考えられている以上に準備が必要です。

それは手続きなどのようなものではなく、独立した後にスムーズな業務を行うための仕組みづくりです。

例えばラーメン屋を独立するのであれば、「美味しいラーメンを作る」だけでは経営はできません。店の立地条件・従業員の確保・トラブルへの対処準備・税金・資金繰りなど。

これだけであればまだ対処はできますが、従業員の教育・管理など起業において死活問題と言えるほど重要な要素です。どれだけ急いで準備しても1年ですべての準備を整えるのは難しいでしょう。フランチャイズチェーンが手数料が発生するとしても参加する人が多いのは、独立開業の際に発生するこれらの問題を円滑に進めるノウハウがあるからこそです。

現在勤めている会社の仕事に目途を付ける。

どの会社に勤めているにしても、なにかしらあなたに与えられた役割があります。それを蔑ろにしてはいけません。これは現在勤めている会社に対しての責任だけでなく、今後のあなたの仕事に対しての姿勢や、従業員への態度へ影響を与えます。かといってズルズルを引きづっていては、いつまで経っても辞めれなくなります。計画的に目途を付け、お互いに迷惑にならないように退職できるタイミングを計りましょう。

資金の確保は必須条件

冒頭でも書きましたが、資金と生活費の確保は必須条件です。ほかの項目がどれだけ満たされても資金の確保ができるまでは起業のタイミングではないと考えましょう。



スポンサードリンク

会社を独立する時の辞め方は?

会社に辞表を出すのは3か月前

会社によって規定はさまざまですが、辞表を出すのは最低3か月前には出すようにしましょう。これは今の勤め先に迷惑を掛けないようにするためです。

勤務先の社長にも事情を話し理解を得られるのが理想。

独立開業をする際に、もし可能であれば勤務先の社長にその旨を伝え、理解を得られることが理想です。そうなれば経営者としての先輩として相談をすることができ、仕事内容によっては協力を得られることもあります。ただし、これは理想であって、多くの場合はそれほど甘くはありません。今の勤め先の社長の性格などを考えて、事情を話すかどうかを決めましょう。

雇用保険・年金の手続きを事前にチェック

独立のために会社を辞めた後、最初の面倒な手続きが保険や年金に関わることです。雇用保険の延長手続きができる会社であれば、それを利用した方が経費が安くなる場合もあります。

第一優先はトラブル回避

独立開業とは大きなリスクを負うことになります。そんな時に無駄なトラブルは邪魔以外の何物でもありません。先手を打って予想できるトラブルは回避しましょう。独立で会社を辞める際のトラブルも多くは人間関係によるものです。問題のある人間とは距離を取り、それでもトラブルを起こしそうな人には警戒を怠らないようにしましょう。


まとめ

  • 会社の独立 準備しておきたいこと

    ・資金と生活費の確保
    ・専門知識
    ・ビジネスモデルのテスト
    ・事業計画書の作成
    ・ライバルの動向チェック
    ・人脈作り
    ・メンタル管理
    ・変化に対して柔軟に対応
    ・失敗をして経験を積む。
    ・夢から現実へ切り替える。

  • 会社の独立 タイミング

    ・準備期間は3年と考える
    ・今の仕事に目途を付ける
    ・資金の確保は必須条件

  • 会社を独立する時の辞め方

    ・辞表は3か月前
    ・保険・年金の手続きを事前に確認
    ・トラブル回避を第一優先

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA