手帳ウィークリーとマンスリー使い方 使い分けは?活用法は?

c89ad105f437f5b21d913fff37247684_s
新しい手帳を持つようになると
中にある機能を上手に活用したいと
思うようになりますよね。

そこで多くの方が悩む疑問が
ウィークリースケジュールと
マンスリースケジュールの
使い方について。

つまり週間スケジュールと
月間スケジュールを
上手に活用する方法が
思いつかないとうこと。

私自身も
この2つのスケジュールを
使い分けるまでに
試行錯誤を繰り返しました。

今回のは
この2つのスケジュールを
上手に使い分けをして
活用していく方法を
ご紹介します。



【今回の内容】

  • 1、手帳ウィークリーとマンスリーの使い方は?
  • 2、手帳ウィークリーとマンスリーの使い分けは?
  • 3、手帳ウィークリーマンスリーの活用法は?


スポンサードリンク

手帳ウィークリーとマンスリーの使い方は?


手帳の中心的な存在になるのが
スケジュールです。

そして多くの手帳が
マンスリースケジュール(月間)
ウィークリースケジュール(週間)
の2つのページを
有しています。

では、少し退屈かもしれませんが
もっとも基本的な使い方から
ご紹介します。

手帳でマンスリースケジュールの使い方

手帳を開けたときに
一目で一カ月全体の
スケジュールをチェックできるのが
マンスリースケジュールの特長です。

そのため、大きな予定や
普段とは違う予定などを
マンスリースケジュールへ
書き込むことが一般的です。

手帳でウィークリースケジュールの使い方

次にウィークリースケジュールでは
より細かな時間軸でのスケジュールを
書き込むことが多いです。

例えば約束の時間や
一つの要件に費やされる時間などを
ここに書くことで
時間の管理をする目的で
記入していきます。

そのためウィークリーというよりも
タイムスケジュールとして
使用する役割の方が
大きいでしょう。




スポンサードリンク

手帳ウィークリーとマンスリーの使い分けは?

私がよく見かける使い方では
頻繁に手帳を使う人は
ウィークリースケジュールを
メインで使用し、

あまり手帳を使わない人は
マンスリースケジュールを
メインにする人が
多いように感じます。

ですが、それだけではもったいない。

この二つのスケジュールは
うまく使いこなすことができると
自分が求める最高のライフスタイルへと
近づけることができます。

まず、メインとして使う
予定を書き込むスケジュールは
自分の好みのもので大丈夫です。

そしてもう片方は
予定を書きこむのではなく
別の用途に使い
自己管理のために使います。

それでは次の章では
それぞれのスケジュールの
活用法を
まとめてみました。


手帳ウィークリーマンスリーの活用法は?

マンスリースケジュールでダイエットの記録

私が実践していて
もっとも効果を上げている方法です。

学生時代はスポーツをしていましたが
社会人になってからメタボが
気になるようになりました。

そこで行ったのが、この方法です。

毎日の体重・筋肉量・摂取カロリーを
数字だけマンスリースケジュールへ
記入していきます。

最初始めた頃は
単なる記録としてでしたが
1カ月もすると
自分の体が変化していく様子が
楽しく感じるようになり
ストレスを感じることなく
ダイエットに成功しました。

ちなみに3カ月での減量で
-15㎏のダイエットに成功しました。

記録は今も継続しており
特に食事などを意識しなくても
リバウンドは起きていません。

マンスリースケジュールに日記

マンスリースケジュールの
小さな枠の中に
簡単な日記を書いていくという
活用法です。

自分の考えや
その時に何を一番に
考えているかを記録することで
後から見返す時に
サッと一覧で見ることが
できるというのがいい所。


マンスリースケジュールに目標を書

実際の予定を書くのとは違い
マンスリースケジュールへ
目標を先に書いていくという方法。

モチベーション維持の効果が
期待できます。

ウィークリースケジュールをライフログとして使う。

ウィークリースケジュールを
ライフログとして使う方法も
今ではメジャーに
なりつつありますね。

ライフログというのは
実際に自分がどのように
1日を過ごしているかを
簡単にまとめたものです。

TODOリストとして使用。

ウィークリースケジュールとして
併用もできる方法です。

TODOリスト、つまり備忘録を
時間軸で管理することができます。


ウィークリースケジュールを日記として使用する。

ウィークリースケジュールは
それなりに文字を書き込む
余裕があります。

そのスペースを使って
日記を書いていく方法もあります。

まとめ

1、
マンスリーと、ウィークリーの
どちらに予定を書き込むかは
自分のやりやすい方で大丈夫。

2、
予定を書き込むだけでなく
他の活用法をうまく組み合わせて
使い分けるようにする。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。