手帳2017 オススメのビジネスモデル 機能性と選び方

zibuntetyou02_r
今日は、おすすめの手帳2017年をご紹介。
手帳に関して
かなりマニアックな私ですが
新しく手帳を購入するにあたり
調べ尽くした中から
オススメの一品を
ご紹介します。



【今回の内容】

  • 1、手帳2017 オススメのビジネスモデルは?
  • 2、手帳2017 バーチカルの機能性の特徴は?
  • 3、手帳2017 自分に合った手帳の選び方

手帳2017 オススメのビジネスモデルは?

ジブン手帳Biz 2017

私が2017年のイチオシの
オススメ手帳が
この「ジブン手帳Biz」

zibuntetyou02a_r
参照:http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/biz.html

◎情報

発売元:コクヨ

サイズ:A5スリム

メインは
週間バーチカルスケジュールを中心

月間スケジュール
年間スケジュール
ガンチャートページ
他・・・

ジブン手帳は
機能性はいいのですが
どうしてもビジネスシーンで使うには
少しイメージ違いでした。

そんな中2017年から発売になったのが
ビジネスモデル。

ジブン手帳の最大の特長である
週間バーチカルは健在。
zibuntetyou_r
参照:http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/biz.html

予定を書き込みながら
さらに自己管理を同時に行うというスタイル。

メモ欄の幅や
朝・昼・晩のチェックリストなど
全ての管理を一つで行うように
デザインされた手帳といえるでしょう。

さらにビジネスシーンで
役に立つのが
2カ月毎ガンチャート。
zibuntetyou04_r
参照:http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/biz.html

ガンチャートとは
プロジェクトスケジュールなどとも
言われたりしています。

2カ月毎に区切っているので
先の予定を
一覧しやすいという特徴があります。

機能性が高いのは嬉しいですが
使いこなすには
やや知識が必要。

人気の手帳ということもあり
手帳のガイドブックも発売しています。

色もシックな感じで
ビジネスシーンにも使いやすくなりました。

なにより、
私の心を鷲掴みにしたのが
表紙の質感と機能性。

エンボス加工による上品な見た目と
触り心地のいい質感が
手帳マニアの心を貫きました!

さらにこのジブン手帳Bizでは
ペンホルダーが付いています。

このペンホルダーは
やや大きめで
私のように
多機能ボールペンを
愛用しているものには
とてもうれしいもの。

初めて買われた人にとっては
豊富すぎる機能に
やや困惑を感じるかもしれませんが
使いこなせれば
非常に役に立つ手帳です。

ダブルスケジュールダイアリー進行

よりガンチャートの機能を
引き出すようにデザインされているのが
「ダブルスケジュールダイアリー進行」

daburu01_r
参照:http://www.midori-store.net/diary2017/item/double_project.html


◎情報

発売元:デザインフィル ミドリカンパニー

サイズ:A5

メインは
ガンチャート

月間&週間スケジュール
フリーページ
他・・・

まさに仕事人間のために作られた
超ビジネスモデル手帳!

それが私の感想です。

仕事で手帳を活用するものにとって
プロジェクトを管理できる
ガンチャートはとてもうれしいリフィル。
daburu03_r
参照:http://www.midori-store.net/diary2017/item/double_project.html

そしてスケジュールは
月間を左1列目縦に並べて
その横から週間スケジュールという
特徴的なデザイン。
daburu02_r
参照:http://www.midori-store.net/diary2017/item/double_project.html

私は何度もリフィルのデザインを
してきましたが
このアイデアはありませんでした。

インデックも特徴的で
スケジュール用とガンチャートを
区別してページを開くことができます。

さらに私が心惹かれたのが
スケジュールとガンチャートが
交互にページされているため
全体のスケジュールを
イメージしやすいように
デザインされています。

極め付けはその薄さ。

薄い!!

無駄なリフィルは徹底排除し
仕事における機能性の高さは
維持しながら
薄い手帳を実現。

これは整理もしやすいでしょう。


私がこのダブルスケジュールダイアリーを
おすすめするのは、
セカンド手帳として
とても優秀なこと!!

仕事の管理だけでなく
趣味や遊びなど
やりたいことを
計画的に進めるときに
この手帳を活用すると
非常に効果的です!!

2017年用に購入した手帳は
先ほどご紹介した
ジブン手帳ですが、
仕事の進行管理に特化した
手帳が欲しいと思い
こちらをセカンド手帳として
選びました。

今はメインの手帳があるからと
思っている方にも
オススメの一品です。

NOLTY365

そして、次に紹介するのは
スケジュールとノートを
一体型にしたデザインが特徴の
「NOLTY360」

nouritu01_r
参照:https://nolty.jp/u365/

◎情報

販売元:日本能率協会マネジメントセンター

サイズ:B6変形(188×118)

メインは
1日スケジュール

フリーノート
年間カレンダー

1ページ、1日スケジュールが
上の1/5に記載されていて
その下には3mmグリッドノート。
nouritu02_r
参照:https://nolty.jp/u365/

このグリッドノートが
非常に使いやすく
さまざまな用途に合わせて
活躍してくれます。

私がおすすめするのは
1日毎のマインドマップ。

その時ならではのアイデアを
なんでもかんでも
そのページに書き込んでおけば
後になって
アイデアから備忘録まで
すべてを一元管理できます。

全てを一つのページで
管理したいという人には
オススメの手帳です。


スポンサードリンク

手帳2017 バーチカルの機能性の特徴は?


今回、ご紹介した手帳は
バーチカルのものばかりでした。

バーチカルの機能性の特長は
見開きで使いやすいことや
システム手帳よりも薄くなるといった
メリットありますが、

何より1冊で完結しているため
それぞれの手帳の目的に合わせた
内容が全体を通して
統一されていることです。

そのため
バーチカル手帳を購入する時は
その手帳の特性を知り
使いこなせるようにすることが
活用するポイントです。

確かに
自分好みにカスタマイズできない点は
ややじれったい事もありますが、
それらもひっくるめて
手帳の魅力と付き合えるのが
おもしろい所でしょう。

今では、より機能性を重視した
手帳が増えてきたので
選ぶのも楽しいですね。



スポンサードリンク

手帳2017 自分に合った手帳の選び方


機能性手帳が流行するようになって
今では様々なタイプが
発売されています。

ここで自分にあった
手帳の選び方について
ご紹介致します。

仕事のスタイル

まず、自分がどんな仕事を
しているのかについて
考えてみましょう。

時間に追われるような仕事であれば
1日スケジュール(タイムスケジュール)
1週間スケジュール
に強い手帳がおすすめです。

そして、
数多くの案件を抱えて
同時並行で仕事を進めるのであれば
ガンチャート(プロジェクトスケジュール)
に強い手帳がおすすめ。

他、頻繁に外出・出張が多いのであれば
月間スケジュールに強い手帳がおすすめです。

薄さ

薄さも重要な選ぶポイント。

手帳の役割がはっきりしているなら
より薄い方が
整理がしやすいため
優先したいところ。

ただ、ビジネスで使う場合、
商談内容を記載するのであれば
厚みのある手帳の方が
相手への印象も良くなります。

デザイン

正直なところ、
私はこのデザインを
最優先しています。

というのも
デザインが良くなければ
その手帳に愛着が持てません。

機能性は確かに大切ですが
何より
自分好みのデザインであるかどうかも
大切な選ぶポイントです。

キャッチフレーズに注目

最近発売されている
機能性手帳は
コンセプトがはっきりしていると
しっかりとしたキャッチフレーズを
示しています。

キャッチフレーズが
平凡だと感じたときは、
万能型の手帳と考えると
わかりやすいでしょう。


まとめ

1、
バーチカル手帳は薄く書きやすいことが特徴。

2、
1冊で完結している手帳は、
全体的な内容に統一性がある。

3、
自分にあった手帳を選ぶなら
自分のライフスタイルに合わせること。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA