システム手帳の持ち歩き方 プロがおすすめする実践的テクニック

e58216e6aa710e52331de65bcdd365bc_s
今回はシステム手帳の持ち歩き方について、お話をしたいと思います。

日常生活でシステム手帳を使うようになると、最初に疑問に思うことは、「みんなは、どうやってシステム手帳を持ち歩くのだろうか?」という点。

システム手帳でよく使われるサイズは、ノートサイズで大きく使えるB5サイズ。
そして、コンパクトで持ち運びに便利なB6サイズ。

ただ、システム手帳の弱点は、どうしてもかさばりやすいという点があります。

そこで、他の人たちはシステム手帳をどのようにして持ち歩いているのか?その活用法はどんなものなのか?などをご紹介していきます。

【今回の内容】
1、
システム手帳A5サイズの持ち歩き方は?

2、
システム手帳A6サイズの持ち歩き方は?

3、
システム手帳 実践的テクニックは?



スポンサードリンク

システム手帳A5サイズの持ち歩き方は?


それでは、まずはシステム手帳A5サイズの持ち歩き方からご紹介します。

通勤時などの場合は、もちろん鞄に入れている場合が圧倒的に多いです。

カバンに入れる場合は、ノートなどと同じ場所に入れる方が多く、取りやすさを重視している傾向はないようですね。

これは、取りだしやすさというよりも、入れやすさを重視しているためだと思います。

少し細かい話になると、ノートなどと一緒に入れる時、システム手帳A5サイズの止め金部分(開かないようにボタンを付けている部分)が出っ張っているため、出し入れの時に引っかかる場合があります。

そのため、私であればノートと一緒に入れるとしても、全面側前面側の方へ手帳を入れます。カバンを寝かしたときにB5システム手帳が上に来るように入れると言った方がわかりやすいかもしれませんね。

そして、会社に到着した後、B5システム手帳を使う度にカバンの中に入れます。
これは性格にもよりますが、他の人にいたずらで読まれたくないからですね。(笑)

社内の打ち合わせなどで移動する場合は、B5システム手帳はカバンから出して、単品で持ち歩きます。

カバンに入れて移動するという方もよく見られますが、それほど多くの道具が必要ないのであれば、スマホかタブレット端末と、システム手帳があれば、ほとんどの打ち合わせは滞りなく済ませることができるでしょう。

もう一つ、付け加えると、B5システム手帳の良さには、使いやすさとは別に、人に見られる魅力というものがあります。重厚感や使い込んだ雰囲気で、自分の仕事に対しての姿勢をアピールできるアイテムだと私は思っています。

特に他社の方と打ち合わせをする際には、服装だけでなく、ペンや手帳などへのこだわりで、仕事への姿勢を相手に示すことは、強い非言語コミュニケーションとして相手に伝わると感じています。



スポンサードリンク


システム手帳A6サイズの持ち歩き方は?


では次に、システム手帳A6サイズの持ち歩き方についてご紹介します。

A6サイズのシステム手帳は、持ち運びやすさを重視したタイプとなっていて、いつでもシステム手帳を持ち歩きたい方にお勧めのアイテムです。

そのため、カバンに入れる時も奥に入れるのではなく、すぐに取り出しやすい場所にA6システム手帳を入れる傾向があります。

カバンであれば、前面ポケットや、中に入れる時も上部ポケットに入れることがおすすめ。トートバッグのような場合でも、バッグインバッグを使って、取りだしやすい場所にA6システム手帳を入れれるようにしておくと便利です。

社内などで持ち歩く時も、小型バック等に入れて持ち歩く人が多いですね。打ち合わせの場合でもA6システム手帳だけを手にもって来る人はあまり見かけません。

収納性が高く、いつでも使えるものだからこそのライフスタイルと言えるでしょう。

システム手帳 実践的テクニックは?


それではシステム手帳の持ち運び実践テクニックをご紹介します。

システム手帳をより活用できるようになるためには出し入れ・収納といった点が大きなポイントになります。

よくシステム手帳が使いこなせないという方は、どちらかというと手帳の性能そのものよりも、システム手帳の整理法に関して、あまり関心がない場合が多いように感じます。

「すぐに出せる」「すぐに収納」「整理にストレスを感じない」この3つのポイントを満たせるカバン探しや整理術を身に着けると、ライフスタイルそのものが変わってきます。

最近、私がカバンの中の整理に好んで使うのは、バッグインバッグ。以前は種類も限られてきましたが、最近はさまざまなタイプが発売されるようになったので、自分のカバンにあった理想のバッグインバッグを見つけやすくなりました。

ちなみに私が使っているバッグインバッグは、B5サイズのもので、ポケットにはスマホやモバイル充電器・イヤホン・ルーターなどが入っていて、大型ポケットにはクリアファイルに入れた書類などを入れています。

私はA5システム手帳をメインで使っていますが、これはバッグインバッグに入れず、すぐに取り出せるようにカバンの全面側に入れています。

バッグインバッグで他の物はコンパクトにまとめて、システム手帳の空間を作るという方法です。

A6サイズシステム手帳であれば、理想はカバンの全面前面ポケットです。ですが、カバンの種類によっては収納スペースがありません。その時はバッグインバッグを使うのもいいですね。


まとめ

1、
システム手帳A5サイズは、移動時はカバンに入れて、社内では手に持って歩く。

2、
システム手帳A6サイズなら、収納性の高さを活かして、カバンに入れっぱなしがおすすめ。

3、
カバンの中の整理法を考えることで、システム手帳の活用度はさらに高くなる。



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA