デスク周りの整理整頓のコツは3動作・3秒以内ルール

seiri&supi-do_01

【この記事のポイント】

・3動作・3秒以内ルール

・ストレスフリーで整理整頓

・整理整頓は性格ではなく技術

【解説】

整理整頓がなかなかできないという人におススメのコツがあります。

それが3動作・3秒以内ルールです!!

コツと言ってもとても簡単なルールなのです。

例えば本を直すとき、
座っている状態から本を直す。

この時の動作をカウントした場合

1、引出しを開ける。
2、本を直す。
3、引出しを閉める。

の3動作に収めます。

ここで「席を立つ」という動作を入れると
4動作になってしまいます。

スポンサードリンク

そしてこの一連の動作を3秒以内でできるようにします。

この2つの条件を揃えたレイアウトを作ることができれば
ストレスフリーで整理整頓ができます。

実はこの法則は私が整理整頓ができるようになったきっかけのルールです。
もともと私は片づけが苦手でした。
社会人になり整理整頓こそ仕事の基礎というような会社に入ったため
意識するようになりましたが、決してすぐにはできませんでした。
いつのまにか私の周りは散らかっていきます。

散らかしているのではありません。
散らかっていくんです。(泣)

そんな時、私の上司が教えてくれた法則こそ
3動作・3秒ルールです。

整理整頓は性格ではなく技術だと気付きました。

レイアウトパターンはさまざまですが
また別の記事でも紹介していきたいと思います。

それでは!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA