雑談力が上がる話し方 仕事に使える鍛え方とポイントは?

今日は雑談力が上がる話し方について
お話しします。

特に営業職の方には
雑談力は
身に着けておきたいスキルですよね。

ですが
苦手な人にとって
雑談をどうやってしていいのか?
続けて話をするにはどうすればいいのか?
といったことが
辛いことでしょう。

そこで誰でも簡単にできる
雑談力が上がる話し方や
仕事で使える鍛え方とポイントを
ご紹介します。


スポンサードリンク

雑談力が上がる話し方


まず雑談力と言っても
実のところ
雑談を続けるか?盛り上げるか?は
聞き手側に優先権があります。

つまり雑談の場で大切なのは

うまく雑談のネタを振り
その後聞き手役になる。

ということですね。

そして雑談というのは
暇な時間に行うものです。

忙しくてやらないといけない仕事が
たくさんある中で
雑談のネタを振られても
鬱陶しいだけです。

まずは、
相手に雑談をするだけの
余裕があるかどうかを
見極めること。

最初はこの段階がポイントになります。

次にネタを振ります。

なんでもいいといえば
なんでもいいのですが
よく使われるのは
天気の話。

「暑いですね~」
「寒いですね~」

などですが、
これははっきり言って
聞き飽きているので
流されやすいです。


そこで私がおすすめのするのが
相談すること。

雑談で相談?というと
疑問に思うかもしれませんが
非常に効果的です。

例えば、

「昨日、車の調子が悪かったんだけど
 何が原因かな?
 アクセルをいつも通り踏んだのに
 スピードの出方が弱いように感じる」

となると
それなりの答えが返ってきます。

今のは車を例に出しましたが
なんでも構いません。

できれば相手の得意分野がいいですね。


ぶっちゃけの話ですが
世間一般で
雑談力が高いと言われる人の大半は
この相談のネタ振りをして
雑談に繋げています。

面白いジョークで笑いを取る人もいますが
はっきり言って
そういう人は
周囲の人からは
あまり良い評価を得られません。

自分たちだけで
楽しい空間を作ってしまい
周りの人を
置いてきぼりにするためです。

そして最終段階
聞き手側になること。

これは相談からネタ振りをすれば
とても有効ですね。

相談をしている訳ですから
その答えを聞くことになります。

もっと詳しく知りたいなら
そこを追求して聞けばいいですし

相手の話はあなたの役に立つことですから
自然と真剣に話を聞くことができます。


スポンサードリンク

雑談力 仕事に使える鍛え方


次に雑談力を鍛える方法について
お話ししたいと思います。

経験でいうと
雑談力は意識して鍛えると
確実にレベルアップします。

特に仕事に使える雑談は
意識しておかないと
なかなか高くはなりません。

ではその方法ですが
大したことではありません。


TVや雑誌を見ること。

ニュースだけでなく
バラエティー番組や
メンズ・ウーマン関係なく
さまざまなジャンルを
チェックしておきます。

そして、
先ほどお話しした通り
相談の内容を
考えてストックしていきます。

この情報集めと、相談内容のストック
2つのことを
意識して毎日続けることで
自然とさまざまな状況に応じて
雑談のネタを振ることができるように
なるわけですね。

雑談力のポイントは?


では最後に
雑談力のポイントについて
お話しします。

ここまでで
雑談に必要なのは

1、タイミングを計ること
2、相談でネタを振ること。
3、聞き手側に回ること。

この流れが大切ということを
お話ししました。

そしていつでも雑談を
スムーズにできるように
情報集め相談のストック
雑談力を鍛えることに繋がると
お話ししました。

これらには大切なポイントがあります。

それはあなたが楽しむことです。

ネタ振りのためとは言っても
楽しくない内容で
相談しても
雑談は盛り上がりません。

雑談力を仕事に応用すると考えると
義務感のように感じる人が
いらっしゃいますが
それは間違いです。

コミュニケーションは相手も大切ですが
なによりあなたが楽しめることが
一番大切です。

情報集めや、相談内容のストックも
自分で楽しめるように
してみましょう。


まとめ


・1、タイミングを計ること
 2、相談でネタを振ること。
 3、聞き手側に回ること。

・いつでもスムーズに雑談できるように
 日頃から情報集めと相談内容を
 ストックしておく。

・雑談力を鍛えるのも楽しんで行おう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA