怒りを抑える方法は?ストレスの解消法は?名言は?

ae66c07013a9848b9e9886115282a394_s
今回は怒りを抑える方法について
ご紹介致します。

怒りを抑えるというのは
言葉で言うほど
簡単なものではありません。

怒りを抑えるというのは
言い方を変えれば
ストレスをコントロールすることと
似ていると
言えるでしょう。

【今回の内容】
・怒りを抑える方法は?

・怒りを抑える時のストレス解消法は?

・怒りを抑える名言は?


スポンサードリンク

怒りを抑える方法は?

◆怒りの瞬間を乗り越える。

怒りというのは
非常に瞬間的な感情です。

ところが
その怒りの瞬間に同調して
怒鳴ったり、暴言を吐いたりして
怒りを表現してしまうと
怒りの感情が連続で発生します。

怒りというのは不思議なもので
いいものでないことは
自分でわかっているのに
怒りの間、脳は覚醒状態となり
快感を感じています。


ではどうすればいいか?

それは怒りの表現を出さないこと。

人間であれば
怒りを感じるのは
当然のことです。

怒りを抑えるためには
怒る瞬間を乗り越えること。

怒りの瞬間
頭に血がのぼるように
感じると思いますが

その感覚を逆に
鎮めるイメージを
持つようにしましょう。

◆心の中で相手を見下す。

ではその怒りを鎮めるイメージとは
なんでしょうか?

いろいろありますが
私がおすすめする方法には
相手を見下すことがあります。

怒りの煽る人間を見たときは
「あぁ・・・こいつ、人生の負け犬か」

と考えます。

怒りというのは不思議で
対等の立場と考えている相手に
感じる感情なんですよね。

思い返してみてください。

目上の人でも下の人でも
怒りを感じる瞬間は
自分と同じ立場と
考えますよね。

これが怒りの心理の傾向の一つです。

つまり
相手を見下すことで
怒りを感じにくくなるように
するわけですね。



◆子供のケンカには付き合わない。

怒りに任せての議論ややり取りは
何をしても
いい結果には
収まらないでしょう。

相手の様子にもよりますが
怒りを感じる状態になったとしても
こちらは怒りを表現しないことです。

子供のケンカは
どっちが強いかなどというような
無駄な見栄の張り合いのようなものが
ありますが

大人になれば
そんな考えは幼稚です。

子供のケンカには付き合わない。

話し合いの余地がないなら
ほったらかしにすれば
よいのです。


スポンサードリンク

怒りを抑える時のストレス解消法は?


怒りを瞬間的に抑えたとしても
その後にストレスが残ってきます。

そしてそのストレスが
イメージで膨らみ
再び怒りをリプレイする場合があります。

これは非常に心に負担を掛けます。

その解決方法を
ご紹介します。



◆事前にストレス解消法をリストアップしておく。

まず最初に
事前にストレスの解消法を
とにかくたくさんリストアップします。

数は50以上を目指しましょう。

内容は自由で構いません。

寝る、テレビ、映画、友達と遊ぶ
などなど

とにかく数を多く
リストアップしましょう。



◆いろいろ試してみる。

そしてストレスを感じたときは
このストレス解消リストアップから
いろいろと試してみましょう。

状況によって
効果のある内容は変わります。

◆意識してストレス解消をできるようにする。

この方法のいいところは
ストレスを考えて対処するという点です。

現状、メンタルヘルスでも
注目されている方法で
効果が高いとされています。


怒りを抑える名言は?


「怒りとは子供が駄々をこねることと同じ。」

「怒りの議論はただのケンカである。」

「君は怒って生きていきたいか?
 それとも笑っていきたいか?
 笑って生きないなら
 今の怒りを笑い飛ばしてあげなさい。」

「怒りは悪いことではない。
 原始的なエネルギーを高める手段である。
 そしてエネルギーさえ高めてしまえば
 怒りは捨ててしまう方がいい。」

「なぜ怒るのか?
 それは君が怒ろうとしていうからだ。

 怒りが収まらない?
 それは君が怒りに
 快楽を感じているからだ。」


まとめ


・怒りは瞬間的なもの。

・ストレス解消法をリストアップし
 いろいろ試してみる。

・自分で考えてストレスをコントロールする。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA