自転車のディスクブレーキ オイル交換の方法と注意点

ame_01
ディスクブレーキロードバイクはメリットがたくさんありますが、その都度のメンテナンスは必要です。

オイル交換一つにしてもその方法そして注意することなどの知識を持たなければできないものです。


スポンサードリンク

自転車のディスクブレーキのオイル交換の方法は?


自転車のディスクブレーキ オイル交換の方法は、手順さえ覚えてしまえば自分でも簡単にできます。

まずは、ブレーキレバーを水平にしましょう。

キャリバーはフォークから完全に外してしまいブレーキパットも外します。

ただ完全に外さなくても交換はできますが、初めての人は外したほうがやりやすいです。

ブリードスペーサーをローターの変わりにして装着していきます。

ホースのキャリバーの部分は接続されていますのでホースクランプを付けてちゃんと固定していきます。

ここで新しいオイルをタンクのふちギリギリまで入れていきましょう。

これと同時に莉ザータンクのオイル面が下がっていきますので、新しいオイルをどんどん足していきます。


スポンサードリンク

自転車のディスクブレーキのオイル交換の注意点は?


自転車のディスクブレーキのオイル交換の注意点は、新しいオイルとふるいオイル、これを交換するのですが、タンク自体を空にしてしまうとそこへ空気が入り込んでしまいます。

空気抜きといった作業を後にしなければいけなくなるので、古いオイルが抜けていくにしたがって、順次新しいオイルを入れていくようにして空気が入らないようにしていきます。

自転車のディスクブレーキのオイル交換のコツは?


自転車のディスクブレーキのオイル交換のコツはいくつかありますが、一番失敗のない交換のやり方は、リザパータンクからオイルを継ぎ足していく方法です。

新しいオイルを入れていくのですが、最初はなかなかスムーズに入っていきません。

ここでコツですが、ブレーキバーを少し引きながら入れていくと、ある一定の量が入りこんでしまえば後は自然に古いオイルが抜けていき新しいオイルがスムーズに入っていきます。

このようなメンテナンスは自分で出来ることですので、定期的に点検していきオイル交換も行っていくことで車体を常に安全に保てるようになります。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA