音声入力をiPhoneで 使い方は?コツは?使ってみた感想は?

sumaho-iphone (2)

私は正直なところ
PCの打ち込み作業が苦手です。

肩こりが酷く、
眼精疲労が辛い・・・。

で、少しでも楽になる方法を
模索して
音声入力にたどり着きました。


今回は私がやっている音声入力のテクニック
iPhone編をご紹介します。

アプリを使わず、
iPhoneの基本機能だけで
パソコンに打ち込む文字を
音声入力をする方法です。


・基本となる使い方
・うまく録音するコツ
・私の個人的な感想


をご紹介致します。


スポンサードリンク

音声入力をiPhoneで 使い方は?

今回はアプリを使わない方法なので
iPhoneのメモ帳を使って
音声入力をしていきます。

ソフトキーボードの左下のほうにある
マイクのアイコンをタップします。


ここでマイクのアイコンがない時は
設定→ 一般→ キーボード→ 音声入力

で音声入力をONにします。


では、マイクのアイコンをタップして
音声入力開始です。

やり方は至って簡単。

内容をマイクに向かって話すだけ。

終わったら画面下の中央にある「完了」を
押すだけ。

文章に良く使われる「。」「、」は
「まる」「てん」で反映されます。

改行の時は
「かいぎょう」

話しましょう。

これで、音声入力は完了です。

今度は入力した内容を
PCに転送します。

アプリを使わないのであれば
メールで送るのが一番手っ取り早いですね。

アプリをもし使うなら
エバーノートが便利ですね。


スポンサードリンク

iPhoneの音声入力のコツは?

◆◆ しゃべるときはメリハリをつける。 ◆◆

音声入力のときは
ごにょごにょと話しても
誤認識しかしません。

そこそこ早口で話しても
ある程度は拾ってくれますが
できるだけメリハリのついた話し方が
認識率を上げてくれます。


イメージで言えば
ニュースのアナウンサーのような
話し方やりズム

ちょうどいいですね。



◆◆ 間違った内容はPCで修正 ◆◆

ここはiPhoneの音声入力の弱点ですが
間違えたときの修正が
めんどくさいです。

いちいちソフトキーボードに切り替えて
タップして修正して
また最終位置にもどって・・・
という風にかえって無駄が多くなります。

間違えたときは
割り切ってそのままにし
PCに転送してから
修正するようにしましょう。




◆◆ 特別な事は期待しないこと。 ◆◆

iPhoneの音声入力機能は
そこそこ優秀です。

ですが、
所詮はスマホの一機能でしかありません。

空白を開けたり
バックスペースやデリートなど

基本となるような操作はできません。

あくまで声の文字化だけの機能と
考えるようにしましょう。

使ってみた感想は?

ご存知の方も多いと思いますが
音声入力ソフトの性能は
使う人との相性によって
差があります。

先ほど、バックスペースなどは
期待しないといいましたが
音声入力ソフトによっては
声をちゃんと認識してくれないことが
案外に多いです。

その点iPhoneは
なんだかんだといって
認識力はかなり高いです。

私が小説1ページを
音声入力でテストした場合、
修正箇所はわずか7ヶ所。

音声入力だけをとれば
かなり優秀と言えるでしょう。

スマホに搭載されている
ノイズキャンセル機能が
とんでもなく優秀なことで
テレビを見ながら録音しても
私の声だけを
認識していました。


・・・マジかよって思いましたね(笑)


ただ、液晶を顔に近づける上
かなり接近した状態で
画面をみることになるので
目の疲れは感じます。


はじめて音声入力で
仕事をしたいと考えたときには
まずiPhoneの音声入力機能を使って
やってみることをお勧めします。


まとめ


・しゃべるときはメリハリをつける。

・間違った内容はPCで修正

・特別な事は期待しないこと。

・初めての音声入力作業のときにおすすめ。


【おすすめの記事】

仕事の要件を忘れないメモ術は?物忘れの防止は?iPhoneを活用?

スマホと手帳の連携 メモの取り込みと活用術

スマホでメモ 会社で使用はマナー違反?会議中禁止の傾向


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。