鞄の洗い方 ポリエステル素材の時はどうする?

6b7497b34f747add129b17723554e1f2_s-min
今回はポリエステル素材のカバンの洗い方
について
お話したいと思います。

ビジネスバッグの中でも
オシャレや機能性を重視したものには
ポリエステル素材が
多く使われています。

そんな時に役立つ、
ポリエステル素材の鞄を洗う時に
注意したいことはどんなことなのかを
まとめてみました。


スポンサードリンク

鞄の洗い方 ポリエステル素材の時はどうする?


ポリエステルの鞄の洗い方はまず、洗濯用の中性洗剤を使用します。

次に、バッグがすっぽり収まるサイズの入れ物を用意します。

洗い用にぬるま湯を用意し、その後すすぎ用の水を用意できるようにしておきます。

あらかじめ二つの入れ物を用意しても良いでしょう。

そして、洗い用のぬるま湯に洗剤を入れてバックを浸して手もみ洗いをします。

ゴシゴシ洗うというよりは、軽くもみ撫でるように洗います。

汚れが目立つところは、食器用の柔らかいスポンジなどを使って洗いましょう。

最後にすすぎ用の水で生地の洗剤をしっかり落とします。


スポンサードリンク

鞄の洗い方 ポリエステル素材の乾燥方法は?


ポリエステルの鞄は上記のような洗い方をします。
その後水を切ったら、陰干しをします。

直射日光は生地の変性や日焼けの原因となるので、風通しの良い日に日の当たらない場所を選んで乾燥させます。

鞄の洗い方 ポリエステル素材の時の注意点は?


ポリエステルの鞄の洗い方で注意する点は、洗剤を選ぶ際に中性洗剤以外だと、生地を傷めたり、生地に残った洗剤が皮膚に悪い影響を与える恐れがありますので洗剤を選ぶ際は気を付けましょう。

また、芳香性のある洗剤は控えた方が良いようです。

そして洗剤の量は適量というよりも、気持ち少なめで大丈夫です。

洗う際は、鞄をできるだけ分解し、パーツごとに洗った方が綺麗になります。

バック本体を洗う際は、表面のポリエステルの生地に加工がされている場合があるので、あまり強くこすると表面加工の劣化を早めてしまう恐れもあります。

基本的にポリエステル製のバックの表面は何かしらのコーティングが施されている場合が多いです。

汚れがひどくても強くこすらず、スポンジの柔らかい部分で軽く洗う事を心がけましょう。

次に、乾燥させる際に注意する点ですが、ドライクリーニングや乾燥機などは厳禁です。

まれに急ぎの場合、ドライヤーなどで温風を直接当てたくなりますが、それも避けましょう。

熱による生地の硬化や予期せぬ伸縮などが発生する場合があります。


まとめ


・洗濯用 中性洗剤を使う。

・量は少し少なめ

・乾かすときは陰干し

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA