方眼紙ノートの活用法は?書き方は?おすすめは?

sevenmemo
今回は方眼紙のノートの活用法について
お話したいと思います。

方眼紙のノートが便利だと言う声を
よく聞きますが
実際に使おうと思うと
うまく使いこなせないという
お悩みをよく聞きます。

方眼紙ノートのメリットは
なんといっても
応用性の高さ。

その活用法や書き方
そしてライフハックPROが
今おすすめしているタイプを
ご紹介致します。


◆今回の内容◆

  • 方眼紙ノート活用法は?
  • 方眼紙ノートの書き方は?
  • ノート 方眼紙タイプ おすすめのタイプは?

方眼紙ノート活用法は?

方眼紙ノートを
普通のノートと比べて
優れているのは
応用範囲の広さ。

無地タイプや
罫線タイプ両方のメリットを持ち
更にノート全体を
まとめて視認できること。


これらのメリットを
十分に活かすには
その活用法をまず理解しましょう。



◆◆ ブレインマップ ◆◆

方眼紙ノートが
最大に効果を発揮できるのが
ブレインマップ。

ブレインマップというのは
ノートに思いついたキーワードやイラストを
とにかく書き続け
関連のあるものは
線や矢印で繋げる方法。

こうすることで
頭の中にぼんやりとあるイメージを
視認化させ
イメージの鮮明化・客観的な視点を
得ることができます。

さらに脳の中の情報を
アウトプットすることで
そこから新しい発想を
思いつくことができます。


ブレインマップはよく
企画の立案などで
使われていると言われますが
実際に一番効果があるのが勉強です。

特に受験生の方にも
ブレインマップを応用した
ノートの書き方をしている人が
いますが、

これは脳のアウトプット・整理
そしてイメージの関連付けが
試験勉強などで何かを覚える時に
効率のいい方法になるのです。




◆◆ 内容の分類・まとめ ◆◆

そしてブレインマップなどでの
情報のまとめをするときにも
方眼紙ノートは役に立ちます。

方眼紙の線で
重要性の階層化が
簡単に出来ることがその理由。




実際に一度
まとめノートに方眼紙ノートを
使ってもらうと
ほとんどの人が書き終えたときに
分かりやすいと
言われいます。



◆◆ スケジューリング ◆◆

そしてスケジューリング。

普通のスケジュールは
手帳などを使えばいいのですが
計画書などの場合や
目標設定をしたい時には
無地のノートや罫線ノートよりも
方眼紙ノートの方が
書きやすいのです。


よく私は自分の目標設定をした時に
その中間目標を立てるのですが
そのスケジューリングの場合は
縦軸に月日
横軸に内容を書きます。

この時
方眼紙の線があると
残り期間や、進行具合などを
階層化して記入し
予定の修正や目標の実現度を測ることに
役立ちます。


スポンサードリンク

方眼紙ノートの書き方は?

◆◆ まずはテーマを決めよう。 ◆◆

まず最初に
テーマを決めなくてはなりません。

何のためにノートを書くのか?
ということですね。

勉強の為なのか?
計画書を作るためなのか?
新しいアイデアを考える為なのか?

それは人それぞれですが
ノート1ページに
バラバラの目的の内容を書いてしまうと
せっかくアウトプットした情報を
イメージとして把握することに
邪魔となります。

最初はテーマを明確にする!

これが大切です。




◆◆ 左ページにブレインマップ ◆◆

私が使う方眼紙ノートは
バーチカルタイプ(糸綴じタイプ)を
使用します。

その理由は見開きで使うためです。

そして左ページ全体に
ブレインマップを書いて行きましょう。





◆◆ 右ページ2/3に内容のまとめ ◆◆

そして右ページの2/3の所に
線を引いてください。

私が書く場合は
左から2/3の所に
縦の線を引きます。

そして線より左側
(つまり広い方)
に右ページに書いたブレインマップの
まとめを箇条書きします。




◆◆ 一番右側にスケジューリング ◆◆

そして残りの1/3のスペースに
スケジューリングを行います。

スケジューリングは
企画などであれば
分かりやすいと思いますが
勉強の時に
スケジューリングは必要なのか?と
疑問に思われる方も
多いと思います。

勉強の場合は
ブレインマップでアウトプット
内容のまとめで情報を整理しています。

さらにここに
1週間後に理解しているか?
ここからさらに調べることは何か?
分からなかったことは何か?

などの課題が見えてくるはずです。


その課題を今後どのようにクリアーするのかを
スケジューリングに落とし込むのです。


スポンサードリンク

ノート 方眼紙タイプ おすすめのタイプは?

◆◆ 幅は5㎜間隔 ◆◆

方眼紙ノートも
かなりの商品を試してきましたが
やはり一番ポピュラーな
5㎜間隔の方眼紙シートが
使いやすいですね。

私は比較的
横着なほうなので
線を引くときに
定規を使わないことも
しばしばあり、
そういった時に役に立ちます。


さらに文字を書き込める幅としても
5㎜はやや小さい文字を書くと考えると
ちょうどいい目安となります。


これより大きすぎると
無駄なスペースが空きすぎてしまいますし
細かすぎる場合は
設計図などであれば役に立ちますが
日常で使う用途であれば
細かすぎて応用範囲が狭くなってしまいます。




◆◆ バーチカルタイプ ◆◆

先ほど話した通り、
私は方眼紙ノートはバーチカルタイプを
使用します。

一番の理由は
見開きで使うため。

リングタイプでも
見開きで使うことはできますが
どうしてもリングが邪魔になります。

また、狭いスペースや
立ったまま書く場合などは
ノートを折り返して
記入する時もありますよね。

そんな時にもバーチカルタイプの方が
安定して書く事ができるのです。




◆◆ 無印良品のノートの批評 ◆◆

そんな感じで
ノートにマニアックな程
うるさい私なのですが

最近気に入っているのが
無印良品の方「B5眼紙5㎜ノート」

最初に買った理由は
単に安かったからだったのですが
思った以上に便利だったので
今は3冊目を使用しています。


気に入った一番の理由は
表紙の質。

ちょうどいい堅さで
台紙としての効果も十分。

少し乱暴に扱っても
それほど痛みが速くない。

ただ、油脂の吸収性が高いので
汚れた手でうっかり触ってしまうと
ずーっと跡が付きます。

また、それぞれのページを切り落とせる
切り目の裁断が施されていますが、
これは使いません。

いざという時は役立つのでしょうが
糸綴じスタイルのノートは
切ってしまうと
全体のノートの締りが悪くなります。


とはいっても
この品質で95円であれば
十分納得できるものです。

まとめ


・方眼紙ノートは

 ①ブレインマップ
 ②分類・まとめ
 ③スケジューリング

 の役割に向いている。



・ノートは見開きで
 3段に分けて使用する。



・バーチカルタイプの
 5㎜間隔がおすすめ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。