職場の後輩から避けられる?無視される?賢い接し方は?

a4b8fae45d51fcbe09f1344466323176_s
今回は職場の後輩から避けられるという
ご相談について
お話したいと思います。

後輩との接し方で
悩まれる方は多いと思います。

時代の違いもあれば
上下関係の問題もあります。

今回はそんな問題を
解決できる内容を
ご紹介させて頂きます。



【相談内容】

会社員 26歳

入社して2年になり
何人かの後輩とも接してきました。

ところが最近入社してきた後輩が
僕のことを避けるような態度を取ったり
挨拶をしても無視したりします。

ですが他の人とは
普通に話をしているようです。

特に何か嫌な思いをさせることも
なかったと思うのですが
こういう場合
後輩とはどう接すればいいのでしょうか?


スポンサードリンク

職場の後輩から避けられる時に考えることは?

今回の相談者さんのケースのような場合
まず先に考えてしまうのが
「自分のことをなめているのでは?」
ということですね。


結論から言うと
表向きはともかくとして
部下・後輩というのは
基本的に上司・先輩を
見下しています。


もし「自分が舐められているのかも?」
と感じるなら
それは正解でしょう。

ただし、全ての人間を舐めているとうのが
正しい答えです。

他に何か理由があって
職場で後輩に避けられるとしても
その理由をあなたが知ることができない以上
避けるのは後輩の問題であって
あなたが悩んでも解決はできないことなのです。


スポンサードリンク

職場の後輩が無視をする?

今回のケースでは
職場で後輩に挨拶をしているにも関わらず
無視をされたということがあります。

まず気になるのが
この無視が
悪意のあるものか否かという点ですね。


特に社会人になって間もない頃は
うまく自分を表現できないため
挨拶をしているのですが
声が極端に小さかったり
上手くお辞儀ができなかったりします。

気楽に話せるときとのギャップもあるので
傍から見ていると
悪意があるように
一方的に見えてしまいます。

同時に悪意をもって
無視をする後輩がいることも確かです。

理由は各々によって違いますが
無視や陰口といった方法で
上司や先輩に対しての悪意を見たそうとする
後輩もいることは確かです。

一般的に言われる逆パワハラが
これに当たります。

職場の後輩との接し方


では職場の後輩と
どのような接し方をすれば
良いのでしょうか。

細かい所をいうのであれば
キリがありませんが、
職場という環境であれば
やるべき事は
ある程度共通しています。



◆◆ 会社の風土を理解する。 ◆◆

まず大切な事は
会社の風土を理解しましょう。

固い会社なのか?
フランクな会社なのか?

周りの人達はどういう風に振る舞っているのか?


こういったことを
一度、落ち着いて
状況把握してみましょう。

会社全体の雰囲気が考え方は
後輩との接し方にも
影響します。



◆◆ 仕事に影響がないのなら気にしない。 ◆◆

悪意のあるなしに関わらず
先輩に対して
避ける行為や無視といったことは
一般常識として
良い事ではありません。

教科書通りであれば
ちゃんと注意して
修正してあげるべきかもしれませんが

残念ながら
そういった人には
注意をしても
変わることはないでしょう。

さらに残念なことは
そういう人は
これからも多く出てきます。


一人だけであれば
なんとかなるかもしれませんが
二人、三人と重なるうちに

あなた自身が追い込まれることに
なりかねません。



職場はあくまで仕事をするための場です。

業務に支障がないのであれば
気にしないようにした方が
賢明でしょう。


私は、この「気にしない」という
スルースキルは
社会で生きていく上で
とても大切なことだと
思います。


◆◆ 業務に支障があるなら ◆◆

そして仕事に影響があるほど
後輩の態度が悪い時は
上司に相談して
会社というシステムとして
注意を促すことが
大切です。

この時
気を付けてほしいことは
この方法で注意をしても
表向きの形だけで
心から反省することは
まずないでしょう。

ですが、
必要なことは
仕事が円滑に進むことであって
個人の人格の教育にまで
意識を向ける必要はありません。

この時に
まっとうな人間に教育しようとすると
かえって反発を生み
仕事に大きな影響を与えてしまいます。


まとめ


人にはそれぞれの生き方があり
それぞれの経験があります。

そのため
多くの人が集まる場所では
正しい・間違いといった答えは
常にうやむやのままです。

会社の内部であれば
そのちょっとしたトラブルが
大きな問題に発展する場合もあります。

そうならないように
後輩であっても
ほどほどの関係を維持できるように
心掛けることを
おすすめします。



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA