仕事の要件を忘れないメモ術は?物忘れの防止は?iPhoneを活用?

e1be580548bcdc01e3c9822c0b1c9174_s
今回は仕事の要件を忘れないメモの方法を
お話致します。


うっかりしてしまう物忘れ。

誰も忘れないようにしたいと考えていますが
うまく行きません。

そんな時に活躍するのがメモですね。

そこで仕事の内容を忘れないように
物忘れ防止のテクニックと
iPhoneを使った忘れないメモ術を
ご紹介していきます。


スポンサードリンク

仕事の要件を忘れないメモの方法

◆◆ とにかく書き出していく。 ◆◆

仕事の要件を忘れない為に
メモを書きたいけど
肝心の部分が書けない・・・

という方が多いですよね。


メモをうまく活用できない人は
ほとんどここで失敗しています。


私の経験則ではありますが

「 メモの80%の内容は
  使わないまま眠っている 」


効率を重視する人は
無駄なメモを書いても意味がないと
思われるかもしれません。


そこで言われる方法が
重要な点だけを抜き出して
メモを書くという方法です。


実は私もしばらくは
重要な点だけを抜き出して
メモをしていた時期があります。


ですが
この方法は効率はいいのですが
内容を忘れることが多いのです。


理由は、仕事の内容をストーリーにして
思い出すことができないから。



人の記憶は単発のキーワードだけで覚えるよりも
ストーリ仕立てで覚えた方が
より内容を鮮明に思い出せるのです。


メモはとにかく書き出すと言う方法は
一見無駄が多いのですが
その無駄な部分が
ストーリーの流れを保管してくれます。

結果的に後から見たときに
より詳しく内容を思い出せるのです。




◆◆ 覚えておくのは目次だけでいい。 ◆◆

そしてさらにもう一つのポイント。

後から見る時に
素早く目的のページを開けるように
しておく事。

その時に活躍するのが目次。

目次を作り
上手く活用することで
仕事の内容を忘れないように
しておきます。

目次と言っても
そんなに特別な事をする必要はありません。



まず、メモを書いたページの上に
日付と内容のタイトルを書きます。

そしてトップページに
日付と商談相手や内容のタイトルを
書いておくだけです。



後は目次にこんなことを書いて置いたなと
なんとなく覚えているだけで
いざ仕事の内容を思い出そうとするときには
なにも不自由なく
記憶の引き出しを開けることができます。




◆◆ メモの検索性を高めておく。 ◆◆

この目次作りの目的は
検索性を高める事です。

実際にメモを大量に書くようになると
さまざまな事を書き込んで言うので
どこに何を書いたかを
覚えておくことは難しいです。


それでも日付とタイトルを書いておけば
かなり確率で覚えているのですが

それでもわからなくなる時はあるので
目次を書いて
後からすぐに
検索できるように
しておくのです。



◆◆ 重要な所だけ赤ペンでチェック ◆◆

そしてココも大切な事。

重要な所は赤ペンでチェックしておきましょう。

私は多機能ボールペンを愛用していて
ワンノックで
黒から赤へ色を変更できます。

大量にメモを書くと
どうしても重要な所を
見過ごしがちです。

そういったことがないように
赤ペンでチェックをしておきます。


この誰でもしているようなことを
意識をして行うことも
忘れないための方法の一つです。


スポンサードリンク

物忘れを防止するメモの方法

先ほどは忘れないためのメモの書き方
についての方法を
ご紹介しました。


今度は物忘れのような
うっかりミスを防ぐための方法を
ご紹介致します。




◆◆ 内容ではなく、順番で覚える。 ◆◆

内容はメモをしているので
いざとなれば
メモを見れば十分です。

ですが
どんなことをやらなければならないか?
といったことに関しては
覚えておかないと
いくらメモをしていても
意味がなくなってしまいます。



そこで
やらないといけないことを
覚えておく方法をご紹介します。


それが順番で覚えるということ。

先ほどチラッと話した
ストーリーで覚えるということと
似ていますが

順番で考えた方が
覚えやすいというのが
人の脳の特徴です。


やらないといけない事であれば
時間を決めて
その時間に何をするかということを
メモに書いておきましょう。


頭の中で考えるだけでも
効果はあるのですが
実際に書いて
目で見てイメージすることで
より鮮明にやらないといけないことを
時間軸でイメージできます。




◆◆ 物忘れの原因は? ◆◆

物忘れの原因には
いくつかの説がありますが

多くの説に共通しているのが
別のことを考えることということです。


特にながら作業をすることを
日常的にしている人は
物忘れが多くなりやすい傾向があります。

ながら作業は言い方を変えると
並行作業な訳で
決して悪い事ではなく
これも才能の一つといえるでしょう。


ですが、この平行作業というのは
複数のことを同時に考えられるのではなく
別々のことを
細かく切り替えて
考えているというのが正解です。


そのため、
思考の連続性がなくなり
物忘れを引き起こしやすくなるのです。


もう一つ
物忘れの多い傾向があるのが
感情が高まる時。


これも詰まる所は
別のことを考えているということになるのですが
感情が伴っているため
より物忘れの傾向が強くなります。

これらの原因は
普通に生活をしていれば
誰でも日常的に体験することで
物忘れをなくすことは
難しいでしょう。


そこで
メモだけでなく
他のツールを使って
メモの内容を忘れないようにするテクニックを
ご紹介致します。

iPhoneを使ってメモを忘れないテクニック

◆◆ 時間を予測してアラームをセット ◆◆

メモの内容を必要とする時間を
あらかじめ予測しておき
その時間にタイマーをセットしておきます。

タイマーでセットできるので
それまでの間に
別の出来事や考え事があったとしても

タイマーのアラームで
やるべきことを
思い出すきっかけを作ってくれます。

iPhoneなら
曜日単位で
鳴る日を指定できますので
より具体的に
日時を指定して
アラームを鳴らすことができます。



◆◆ リマインダーだけでは弱い。 ◆◆

ここで注意したいのが
アラームとリマインダーの違い。

どちらも音を出すことはできるのですが
リマインダーの通知音は
長くても数回で止まるので
知らないうちに
止まっていると言う時があります。

そうならないよう確実に
意識できるように
私はアラームを勧めています。


まとめ


人が何かを忘れると言うことは
自然なことなので
どうしようもありません。

なのでメモをうまく使いこないして
忘れたとしても
うまく思い出せれるように
していくのが

うまく仕事をこなすコツです。



※他のおすすめの記事

スマホと手帳の連携 メモの取り込みと活用術

メモの工夫 コクヨのメモ帳B7を仕事で使うコツ【写真付き】

セブンイレブンのメモ帳 レビュー 値段・使い方

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA