イラッとする人の対処法は?特徴と心理は?

db4071270d42eb43773f6db68ff5b461_s
特に大したことでもないのに
イラッとくることありますよね。

今回はそんなイラッとする人の対処法を
ご紹介致します。


今日のお題はこちら


◆今回の内容◆

  • 1、イラッとする人の対処法は?
  • 2、イラッとする人の特徴は?
  • 3、イラッとする心理は?


イラッとすること自体は
悪い事ではありません。

人間であれば
いたって普通の反応です。

ですが、
その気持ちをどうやって
対処するかによって
その後のあなたの生活から仕事まで
いろいろと影響してしまいます。

それではお話しますね。

イラッとする人の対処法は?

イラッとする人の対処法 一つ目 考えない事。



後述しますが、
イラッとするということは
一言で言えば
瞬間的なネガティブな感情の高まりです。


そこには
怒りもあれば、悲しみ、嫉妬など
さまざまな感情が潜んでいます。


その瞬間的なネガティブな感情は
そこまで長続きはしません。



一般的には4分半がピークと
言われていますが
10分程度、別のことを考えておけば
イラッとした感情に
流されることはないでしょう。


ただし、イラッとする人が
その後も問題行動を続けた場合は
つぎの段階へ進みます。


イラッとする人の対処法 その2 大きなデメリットがあるか考える。



ここでまず、
考えてほしいことがあります。

イラッとする人の行動は
自分にとって
何か大きなマイナスになるのかどうかです。


たとえば

「水の飲み方がイラッとする」

ということであれば
そんなことを気にしても仕方ありません。


仕事にしてもそうです。

熟練した社員の方に多いのですが
新人や後輩が
適当な挨拶をすると
イラッとくることがあります。


この時にマナー違反と言える程
問題のある行動かどうかを
見極める思考力が求められます。


そのためにも
一度別のことを考えて
冷静になってから

論理的に考えてマナー違反なのか
自分の気にし過ぎではないかを見極めて
次の段階へ進みましょう。

イラッとする人の対処法 その3 注意を促す・関わりを止める。



明らかに問題のあるとなった時
冷静に注意を促す必要があります。


ただし、注意することで
状況が悪化するような人であれば
関わり合いにならないようにすること
賢明でしょう。


スポンサードリンク

イラッとする人の特徴は?

実はイラッとする人の行動には
共通した特徴があります。


それはあなたから見て
マナー・モラルの欠如した人
です。



例えばですね・・・

・水の飲み方が下品

・電車の中で子どもがはしゃぐ

・会議中の着信音

・愛想のないコンビニ店員


などなど・・・



他にもいろいろあると思いますが
イラッとする人の多くは
マナーやモラルの欠如というタイプ
になります。



ただ、これらでさらに問題なのは
イラッとする人は
自分で自分が悪いのかどうかわからない
ということなんです。


先ほどの例えから言えば
愛想のないコンビニ店員というのは

「 愛想のいい態度は
 どうすればいいかわからない 」


ということもあります。


モラルやマナーというのは
自分を基準にして考えたときに
その人が良いのか悪いのかを
判断することであって、
絶対の答えがあるわけではありません。



他の例で挙げると
こんなイラッとする人もいます。


工場で仕事中
作業員がサボってゲームをしている中で
一人だけ真面目に仕事を続ける人


一般常識で考えれば
真面目に働いている人が
正しい訳ですが
サボっている人達からすれば

「 自分たちと違うことをする人

  空気の読めない人 」



となります。



スポンサードリンク

イラッとする心理は?

ここまでくると
イラッとする心理が
少し見えてきましたね。


最初にご紹介した通り、
イラッとするということは

「 瞬間的なネガティブな感情 」


なのです。



その負の感情はどこから来るのかというと
過去の自分の記憶から来ます。


今までに我慢してきたこと、
辛かったこと、
酷い仕打ちをされたこと


これらが何かのシーンを見かけたときに
心の中に眠っていた記憶が蘇り
負の感情と結びついて
イラッとする心理が働きます。



実際に思い出してみてください。

まったく同じようなシーンであっても
イラッとしないことありませんか?


ありますよね?



そうなんです。


負の感情が蘇り
結びついたときにイラッとするので

負の感情が蘇らなければ
イラッとはしません。



だからこそ
最初にお話しした通り、
一度感情をリセットして
問題の大きさを把握した後
対処することが
大切なんですね。

まとめ


・イラッとしたら、時間を空けて
 感情をリセット

・マナーやモラルが欠如している人は
 イラッとされやすい。

・人によってマナーやモラルは変わる。

・心の奥底に潜んでいる負の感情が
 そのシーンと結びついて
 イラッとしてしまう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。