革手帳の汚れ落としは?クリーニングは?手入れの方法 

59b63d7651c8a7004acff923e75f2a00_s
革手帳は見栄えも良く
カッコいいので
持っているだけで
モチベーションが高くなりますよね。

でも手入れの方法はどうするのかと
聞かれると
以外に分からないとのこと。

そこで今回は
汚れ落とし・クリーニングを
どうするのかについて
ご紹介致します。


◆今回の内容◆

  • 革手帳の汚れ落とし方法とは?
  • 革手帳 クリーニングのススメ
  • 革手帳の手入れはこまめさがポイント


◎関連記事
手帳とメモ帳は併用が基本。ノートはさらに別?使い分け方
システム手帳の基本の使い方 入れてほしい中身と活用方法
システム手帳A5サイズの使いやすさとメリット

革手帳の汚れ落とし方法とは?


汚れの種類によって異なりますが、
いくつか紹介します。

基本は布で拭く。


まずは、乾いた柔らかい布で乾拭きをしたり、
ブラシを使用して汚れを落とします。

一番シンプルですが、
手軽にいつでもできます。

こうして布で毎日服だけでも
表面の光沢は大きく変わってきます。

手垢の汚れには消しゴムで対応。


手垢などの部分的な汚れがある場合は、
消しゴムを用いるのも効果的です。

あまり掛けすぎると
その部分だけ脱色したようになります
ので
加減をしながら行いましょう。

水じみの時は、水拭きする。


水じみの場合は、
全体を水で濡らして
水拭きすることによって
少し目立たなくさせます。

水分の汚れに対し、
クリームなどの油分を使うと
逆効果になってしまうので注意
が必要です。

油汚れの時は裏からこする。


油よごれの場合は、
基本的に取るのは難しくなります。

ごく薄いものであれば、
革の裏からマッサージするように
こすることで目立たなくさせることも
できます。

汚れ防止に防水スプレー


いずれの場合も
汚れを深く吸収させないために、
革手帳の日ごろのお手入れと、
防水スプレーなどの予防が
必要不可欠だと言えます。


防水スプレーは2~3日に一度でいいので
サッと拭きかけて
乾いた布で磨いてあげるだけで
汚れ防止の効果がグッと高くなります。


スポンサードリンク

革手帳 クリーニングのススメ

革手帳のクリーニングで汚れをリセット


日々の手入れをしていても
しだいに手帳は汚れてきます。

そこで1~3ヶ月に一度くらい
革手帳のクリーニングを行います。


こうすることで気づかないうちに
蓄積されていた汚れを改善し
革手帳の表面を守る防護膜を
作ることができます。

専門店を活用しよう。


あまり知られていませんが
革手帳などを扱う
クリーニングの専門店があります。

自分で使用できる
クリーニング用クリームも
市販されていますが、
使用方法を誤ると
大変なことになってしまいますので
注意が必要です。


初めてクリームを使う時の
一回目はプロにお願いして
製品をなじませます。


2回目からは自分で
少しずつやってみるようにすることを
おススメします。

宅配での修理や
無料見積りをおこなう店舗もありますので
探してみてください。

自分でクリーニングの時は革靴用クリーム


慣れてくると自分でクリームを使って
クリーニングをできるようになります。

自身でクリーニングする際は、
革靴用のケア用品を使われる方もいます。

私が使う時は
無臭のヌメ革用クリームを使います。

クリームによって差はありますが
UVカットの性質があるものは
革の変色を抑えてくれるので
愛用しています。

便利なクリーニングセットも販売されている。


革を保護するクリームがしみ込んだ布と、
汚れを除去するクリーナーがしみ込んだ布が
それぞれ入ったお手軽なレザーケアシートも
販売されています。

革手帳をはじめ、
その他の本革製品のお手入れにも
使用できますので、
そういったものを持っておくと
良いかもしれませんね。



スポンサードリンク

革手帳の手入れはこまめさがポイント

自分のやり方で手入れしていこう。


日々のお肌のスキンケアと同様に
こまめにお手入れをすることが必要です。

お手入れをすることで、
バリアができ
ダメージを最小限に防ぐことが
できるからという理由です。

しかし革手帳などは、
多少のシミや傷自体が個性とも捉えられます。

革手帳ならではの
経年劣化の楽しさもありますので
そんなに硬く考えずに
自分のペースで手入れしてあげることが
よいでしょう。


まとめ


◆基本は布で拭く。
◆手垢の汚れには消しゴムで対応。
◆水じみの時は、水拭きする。
◆油汚れの時は裏からこする。
◆油汚れの時は裏からこする。
◆汚れ防止に防水スプレー

◆革手帳のクリーニングで汚れをリセット
◆専門店を活用しよう。
◆自分でクリーニングの時は革靴用クリーム
◆便利なクリーニングセットも販売されている。

◆自分のやり方で手入れしていこう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA