スマホと手帳の連携 メモの取り込みと活用術

e58216e6aa710e52331de65bcdd365bc_s
以前にスマホと手帳の連携について
タイムスケジュールのことを
ご紹介しました。

システム手帳スマホ連携術 タイムスケジュールのメリット【重要】
そこでスマホと手帳の連携 第二弾
メモの連携&活用術を
ご紹介致します。


スポンサードリンク

スマホと手帳の連携 メモの活用術

まず、最初に
手帳のメモをスマホに取り込んだ時の
デメリットからご説明します。



◆読み返しをしなくなる。

いつでも読めるからという心理と
実際に紙のようにぺらぺらと
めくることができないということもあり
あまり読み返しをしなくなります。



◆管理が面倒。

スマホに入れると
確かに持ち歩くのは楽になりますが
いざ読みたいものを
見つけようとしても
サッと見つからないのです。

また、取り込むのも
結構面倒などです。



◆追記ができない。

これが問題です。
読み返している時
ふと思いついたアイデアなどを
追記したくても
スマホに入れてしまうと
書き込みができません。



この3つの問題を解決するために
手帳のメモは
必要なページだけ取り込むようにして
すぐに検索できるように
目次を作っておくことが大切になります。


PDFのファイルの名前は
検索するときのキーワードを入れて
スマホに入れておきます。

厳選するのも面倒という場合は
1週間~1ヶ月毎に区切って
まとめて一気に
ドキュメントスキャナーで
取り込みましょう。

その時はファイル名をタイトル+期間に
しておきましょう。


また、あくまでスマホに入れたメモは
いざという時に見る為のものと考え
普段もち歩く手帳に
読み返すメモを入れておくことは
忘れないようにしましょう。


スポンサードリンク

スマホと手帳の連携 メモの取り込み


メモの取り込みは
一気に取り込むなら
先ほどご紹介した
ドキュメントスキャナーです。

書類データ化の方法 効率よく大量の紙を整理・管理する



ただ、ドキュメントスキャナ―は
自宅にあるものですので
気が向いたときに・・・
ということができません。


そこでおススメするのが
スマホアプリを使って
PDFにしてしまう方法です。

私が使っているのは
CamScanner
というアプリです。

気軽にPDFにできる上
管理するのも楽です。

またエバーノートと
連携できるので
後でPCで確認することができるのも
いいですね。


スマホと手帳の連携 スピードと効率を考える。

スマホと手帳を連携させるメリットは
より速く、より効率的に行わないと
かえってデメリットになりかねません。


アプリを使うか
ドキュメントスキャナーを使うかは
人によってそれぞれですが
自分にとって
やりやすい方法を探ってみましょう。


休みの日に30~60分使うような
管理方法は
あまりおすすめできません。


まとめ


・必要なものだけを取り込み、目次を付ける。

・手帳を読み返す習慣は忘れないように。

・自分に合った効率のいい方法を見つけよう。



多機能ボールペンの応用方法 色 カスタマイズ 弱点
レオナルド・ダヴィンチの手稿から学ぶ手帳術
システム手帳の整理術 ノートリフィルを効率的に管理する技

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA