仕事で嫌味な人の対処 嫌味な先輩・上司をどうする?

8ffa1ac10e0737368b8078162af5d43b_s
仕事で嫌味な人っていますよね。
特に先輩や上司からの嫌味は
気になってしまいます。

そこで今回は
嫌味な人の対処法を
ご紹介致します。


スポンサードリンク

仕事で嫌味な人の対処はどうする?

結論から入ります。

スルーしてしまうのが
もっとも最善の方法です。


基本的に嫌味というのは
ほとんどが意味のないものです。


特に仕事においては
一日の内で
悩んでいる時間も
イライラしている時間も
結果的に自分にとって
無駄な時間を浪費していることに
繋がります。

限りある大切な時間を無駄にしないために
そういう人の情報に脳の処理時間を
掛けないようにすることが
成功にカギです。



この時に考えるコツは
相手の反省やペナルティーを
求めないことです。


嫌味を言う人というのは
そのほとんどが
人格的に、まだ未熟な人達です。

そんな人達が
反省をすることは
そうそうありません。


人として、
相手に謝罪や反省を求めることは
まっとうな感情です。
正当性もあります。

ですが、そんなことを求めても
相手は反省などはしません。

周りの人間も
自分の安心した生活が
なによりも大切なのですから
トラブルに巻き込まれないようにするため
あなたの味方をする人は稀でしょう。



あなたには、いろいろな可能性があります。
それなのに相手の悪意に
エネルギーを使っていては
もったいないと思いませんか?


スポンサードリンク

仕事で嫌味な先輩・上司の心理

嫌味を言う先輩や上司の心理は
非常にシンプルです。

「自分の存在を優位にしたい。」


この考えが根っこにあります。



こういった自分の存在を優位にしたい
心理というのは本能でもあり
男性・女性問わず
同じ心理が常に働いています。

ここに幼稚な悪意が加わった時
嫌味という行動が起こります。



先輩・上司といっても
所詮は人です。

30歳でも50歳でも
心の中は20歳の頃と
そんなに違いはありません。

20歳の頃と比べて
人格そのものが大きく成長できた人は
それこそ絶望を味わった人です。

漫画と違って
現代の日本でそういった経験をすることは
稀なことです。


嫌味を言う人がいいとは言いませんが
人間はそういうものという風に
考えても過言ではないでしょう。


仕事の嫌味の対処 受流す方法


では受流す時、
どういう風な考え方で
望めばいいでしょうか?

いくつか事例を挙げてみました。



◆適当な返事をして放っておく。


◆意味不明なことを言ってると
 心の中でつぶやく。


◆相手の泥人形のようにイメージする。


◆嫌味を言う人間をスルーするのは
 成功のスキルということを考える。


よく言われる言葉で
心を開くというフレーズがありますよね?

この言葉は
心を開く人にメリットがあるのではなく
心を開いてもらえる人に
メリットのあるものです。


実際にビジネスの中で
生きていくには
心を開くよりも
心の閉ざし方を学ぶことの方が
大切になります。


そしてこういった
嫌味を言う人の対処としては
心の切り離し方を学ばなくてはなりません。


まとめ

スポーツの世界では
記憶の消しゴムという言葉があります。

嫌な事や失敗したこと、
今回のように嫌味を言われた事などを
自分にプラスになる情報だけを
抜き出して
後はキレイさっぱり忘れる能力のことです。

実際にメンタルトレーニングで
行う人もいますが
いつの間にか、
無意識で行えるようになる人もいます。


メンタルというのは
自分で管理し、大切に整備してあげないと
あっという間に錆びてしまいます。

今回の記事が
みなさんの心の整備に役立てば幸いです。


ストレスの原因が人間関係の対策 うまく離れることで円滑に
仕事が評価されない理由 辞めたい、悔しい、やる気がしない
否定する人の特徴 その心理と付き合い方

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA