職場の人達へ送る 年末年始の挨拶メール

年末年始の挨拶で、直接いうのとのは別に、メールで伝えると、また違った印象を相手に与えることができます。

今回は職場の人達へ送る年末年始の挨拶メールについてご紹介致します。


スポンサードリンク

職場の人達へ感謝を伝える年末の挨拶メール


職場の人間関係は、どんなに頑張っても、どこかで歪みが出てきます。

そんな時、年末に感謝のメールを送ることで、一年間にあった、さまざまなことに対して、前向きに向き合える機会を与えることができます。


内容としては、この一年にあったことを具体的に示し、お互いの思い出や、相手に対して感謝を伝えるといったことです。


また、年賀状と違って、メールで伝えるときは、普段の会話の言葉で表現するようにしましょう。


例えば、仲の良い同僚あればタメ口調で感謝を伝えた方が好評ですし、上司であれば敬語調で伝えた方が好評です。


スポンサードリンク

職場の人達へ送る年始の挨拶メール

年始の時も同じく普段の会話のような調子で送りましょう。


内容は今年もよろしくという内容がベースになります。

それ以外にも今年の抱負を伝えたり、相手が目標としているものを応援する内容も好まれます。



年始のメールは元旦に送るよりも、2~3日目に送る方がおすすめです。

2~3日目は少し暇を持て余している時なので、この時に年始の挨拶メールが届くと、ゆっくりと見てくれます。


職場で年末年始の挨拶メールを送るときの注意点

こういった挨拶メールを送る時、注意しないといけないことがあります。

それはマナーに縛られて、形式ぶった内容の文章を送ってはいけないということです。


実際に送られるとわかるのですが、とても冷たい感じがしてしまい、コピー&ペーストをしているのかと考えるようなものもあります。


これが年賀状の代わりに出しているのなら、形式的なものが好ましいでしょう。

ですが、職場の人へ感謝の気持ちをメールで伝えるときは、いつもの雰囲気をメールの中に反映しましょう。


年賀状には年賀状の、メールにはメールのいい所があるということですね。


まとめ

・年末の挨拶メールで一年間の汚れをキレイに。

・年始の挨拶メールは相手を気遣う気持ちが大切。

・職場へ送るときは、普段の印象を反映させる。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA