出世に繋がる上司との付き合い方 年末編

上司との付き合い方は出世に大きく関わります。

親と上司は選べないといいますが、どんな上司であっても人間であることには変わりありません。

その人にある個性を理解し、受け止めることが仕事の成功にも繋がり、出世にも繋がります。

今回は年末に使える上司との付き合い方についてご紹介します。


スポンサードリンク

出世に繋がる上司との付き合い方 年末には感謝を。

仕事納めの最終出社日、会社によってさまざまだと思いますが、上司に年末最後の挨拶をするのはマナーです。


この時、単に挨拶をするのではなく、この1年間で上司のおかげで成功したことや、助かったことなどについて感謝を伝えましょう。


上司も人間です。


口では粋なことを言っていても、本音では自分がフォローしたことに感謝を求めています。

ですが普段に日常生活でこういった会話は、なかなかできません。


年末の挨拶という場を利用し、感謝を伝えることで、上司も達成感を味わえ気分が良くなり、あなたも来年の円滑な仕事へと繋がります。


スポンサードリンク

出世に繋がる上司との付き合い方 年賀状は必須。

最近は上司に年賀状を送らない人も増えています。


確かに大したことではありません。


ですが、年を明けて年賀状を見ることで、新しい1年をこの人とやっていくというイメージが生まれます。


出さなくても気にしない人が大半ですが、出して損はありません。



この時、印刷したものをそのまま使うよりも、一言だけでも手書きでメッセージを書けば、相手への印象はグッと良くなります。


出世に繋がる上司との付き合い方 忘年会でも仕事の話をする。

忘年会が苦手な方も多いでしょう。

行けば必ずと言っていいほど遅くなりますし、翌日に体調を崩すこともあります。



ですが、こういった場でしかできない話もあります。


人によっては説教をされるかもしれませんが、忘年会の場所で仕事に前向きなことや、どうすれば上司の役に立つことができるかなどについて話をしてみましょう。

そうすることで、上司が日頃抱えている不満やストレスを知ることもできます。


なによりのメリットは、上司が抱くヴィジョンを知ることができます。

口と行動が違うじゃないか!と思う場合もあるかもしれませんが、上司とうまく付き合うには、どう行動しているかよりも、何を考えているかに焦点を当てることがポイントです。


まとめ

1、
年末のあいさつで1年間サポートしてくれたことを具体的に伝え、感謝をする。



2、
年賀状は出して損なし。
その時は、一言手書きのメッセージを。

3、
忘年会で上司のヴィジョンを悩みを共有しよう。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA