仕事のスピードを上げるコツ10選

誰でも仕事が速くなりたいと思います。

でも頭では分かっていてもどうすればいいかわからない。

そこで今回は仕事のスピードを上げるコツをご紹介します。


スポンサードリンク

自分が仕事が速いと思い込む。

セルフイメージを仕事の速い人間とインプットしておくと、自然に仕事の速い行動を取るようになります。

思い込みの力をうまく利用しましょう。


スポンサードリンク

タイムスケジュールを立てる。

タイムスケジュールを立てるだけで、その日の行動は確実に早くなります。

そのタイムスケジュールも、細かく、ガチガチにつくるのではなく、ざっくりと素早く書くようにしましょう。
システム手帳スマホ連携術 タイムスケジュールのメリット【重要】


無駄な仕事はしない。

たとえば、毎朝やらなくてもいい作業をしたりしていませんか?

上司のゴマすりの為に、休日にゴルフへ行っていませんか?

役に立たない作業は極力カットしていきましょう。


机の整理整頓も効率を重視

机回りの整理整頓も効率を重視することで、作業スピードをアップさせます。
デスク周りの整理整頓のコツは3動作・3秒以内ルール


隙間時間をうまく使う。

隙間時間をうまく使うことは、効率よく仕事をできるスキルでもあります。

ノマドワーキングの基本の考え方ですね。
ノマドワーカーの仕事とは?プロが考える最適環境とパソコン


時間を10~15分単位で区切って考える。

仕事の速い人は時間の感覚がしっかりしています。

10分15分単位で区切り、それぞれに目標をもって仕事をすることで、作業スピードは確実に上がります。


歩くときは大股で

歩くとき大股にすることで、歩くスピードが上がるのはもちろんですが、それ以上に自分自身に対する自信がついてきます。

また、大股を意識して歩くと、自然とリズミカルな動きと体に柔軟性が生まれます。

このことが結果的に仕事のスピードアップに繋がります。


さまざまな分野の情報にアンテナを張る。

やみくもに仕事をすればいいわけではありません。
しっかりと考える力が必要です。

ですが、考えるにも、その原料になる知識がなければ、動くに動けません。


常日頃から情報収取を行い続け、いざという時に、直感が働くように脳を鍛えておきましょう。


常に先のことを考える。

目の前の仕事をしながら、これを何分先までに終わらせ、次にどの作業をするかということ考えれるようになりましょう。

先の予定を考えながら、作業をすることで、さらに計画的な思考ができるようになります。


休むときはしっかり休む。

どんなに仕事の速い人も、動き続けることはできません。

休むときはしっかり休み、次の仕事を全開でできるように自分の体をメンテナンスしましょう。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA