ストレスチェック制度の問題点 ばれる?面談する人は誰?

厚生労働省からメンタルヘルス対策として「ストレスチェック制度」というものがあります。

これは職場環境の改善のために行うものなのですが、チェック項目には正直に言いづらいこともチラホラ・・・。


今回は、ストレスチェック制度で心配な点についてご紹介致します。


スポンサードリンク

ストレスチェック制度の問題点は?

ストレスチェック制度で問題点とされているのが、本当に悩んでいる人が、素直に告白して、面談などをした場合、その内容が事業者にばれるのではないかということです。


たとえばれなくても、不安に感じていることを正直に書いたばかりに、精神病扱いにされると、かえってストレスを抱えることになります。


そういった不当な扱いを受けることなないのでしょうか。


スポンサードリンク

ストレスチェック制度 ばれる心配はないの?

ストレスチェック制度で、正直に書いてしまったばかりに、ばれるのではないかと心配な方もいるでしょう。

ですが、この制度には守秘義務があります。


こういった制度に携わる人たちは、守秘義務に関して徹底しています。


事業者に、内容を伝えるかどうかは本人の同意が必要となります。


ストレスチェック制度 不当な評価はされないか?

ストレスチェック制度では面談なども行われます。
もちろん、その内容も守秘義務で守られています。


もし、あなたが助けを求めているなら、状況を冷静に話し、改善への協力を求めるようにして見ましょう。


また、今回のストレスチェック制度は内容を見るとわかりますが、かなり従業員側の立場に立っています。


ですが、だからと言って暴言や常識から外れた行為はするべきではありません。

一般常識から見て、こちらに非があるように受け取る行動は避けるべきでしょう。


また、義務化されるほどの制度とはいえ、会社側が全てを受け入れて、こちらのいいように動いてくれるわけではありません。


この制度をうまく活用するには、冷静になり、常識ある行動がポイントになります。


まとめ

ストレスチェック制度は、うまく活用すれば悩みを解決することもできるでしょう。

ですが、その解決をするのは、この制度でなく、自分自身です。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA