お歳暮のマナー いつまでに?金額や喪中の時は?

お歳暮という言葉は
多くの人がご存知ですが
実際にお歳暮に関しての
マナーについて
お困りの方も多いでしょう。

今回はお歳暮のマナーについて
ご紹介します。


スポンサードリンク

お歳暮のマナー いつまでに贈る?

お歳暮は元々
名前の通り、

年の暮れに贈るものとして
12月13日~20日までに
贈るというものでした。

ですが、最近では
そういった風習に対する考えも変わり
11月末頃に贈る方も増えています。


理想としては12月20日までに贈ることが
マナーとなっています。

少し早い程度であれば
マナーとして
失礼はありません。



ただし、遅くなるのはよろしくありません。

贈る相手も年末は忙しいものです。


もし26日以降となるのであれば
御年賀か、寒中お見舞いとして
贈ることが正しいマナーとなります。

26日~1月7日 御年賀

1月7日~立春 寒中お見舞い


となりますので
ご注意ください。


スポンサードリンク

お歳暮のマナー 金額はどのくらい?

お歳暮に掛ける金額は
どのくらいが良いのでしょうか?

とくに決まった額が
あるわけではないのですが
お中元を贈った場合は
20~30パーセント高いお歳暮を
贈るケースが多いです。



一般的な相場は
3000円と言われています。

上司など目上の人へ贈る場合は
3000~5000円くらい。


そこまで高級なものを
贈る必要はなさそうですね。


お歳暮のマナー 相手が喪中の時はどうする?

お歳暮のマナーとして
贈る相手が喪中の時はどうなのか
迷うところです。


お歳暮は1年間お世話になったことへの
感謝の品なので、喪中の方に贈っても
大丈夫です。



この時の注意点としては
熨斗紙は付けないようがいいでしょう。

熨斗はお祝いに付けるものなので
こういう場合はつけない方が
相手に対しての気遣いというものです。


ただ、品物だけだと
かえって失礼かと思う方は
今年1年お世話になりました、という内容の
手紙を添えてあげると
品があります。


まとめ

・お歳暮は12月20日までに贈る。

・金額は3000~5000円くらいが相場。

・相手が喪中の時でも送ってもいい。

・喪中の時は熨斗は付けないように。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。