ストレスの原因が人間関係の対策 うまく離れることで円滑に

bizinesu_01
今回は人間関係のストレス対策を記事にまとめました。
私達の日常は人間関係で出来上がっていると言っても過言ではありません。

にも関わらずストレスの原因で最も多いものは人間関係と言われています。

特に職場の人間関係は自分でコントロール出来ないうえ、こちらが予測しないトラブルが突然起こる事も多いです。

ストレスが溜まるのは当たり前の事でしょう。


スポンサードリンク

ストレスの原因 人間関係のトラブルは古来から。

古来エジプト神話の時代から人間関係のトラブルは続いています。人類にとって人と人の問題は切っても切れない事なんです。

そしてこれだけ世界には天才が溢れているのにこの問題を解決できた人はいません。

その中で最近有名になったのがアドラー心理学です。

嫌われる勇気 というタイトルでベストセラーになった本もアドラー心理学を分かりやすく書いた本でした。

この本でも力を入れて説明していた事が 他者承認を求めない という事でした。

つまり他人から認められる事を求めないという事です。

嫌われても自分のやりたい事、主張したい事を行うことが本当の自分になる方法と説明しています。

ですがこの方法は人間関係のストレス対策と言うよりも哲学に近い内容と言えるでしょう。

スポンサードリンク

ストレス対策 人間関係は離れるしかない。

人間関係のストレスを改善するには、相手が変わるか自分が変わるかしかありません。
ですがほとんどの場合ストレスの原因になるような人に説明しても変わる事はないでしょう。

そうなると自分が変わるしかないのです。
よく考え方を変えるというアドバイスをされますが、そんな簡単に考え方を変えれるなら苦労しません。

オススメできる方法で、すぐに実行でき、効果も高いのはその人から離れることです。

会わないことが一番理想ですが、それが無理な時は出来るだけ会わないようにしてみましょう。

ストレスの原因になる人と毎日会うときの対策

どうしてもストレスの原因になる人と会わなければならない場合は、せめて会話をしない・話す時間を短くするなど工夫しましょう。

どうしても避けられない時は、体調が悪いと言って近づかないようにするのも手です。

まとめ

プライドが邪魔をして相手が悪いのだからこちらが逃げる必要がないと考えてしまう人もいるでしょう。

ですが人と人の関係は勝ち負けではありません。

利にならない人とは距離を置くスキルは身につけておいて損はないでしょう。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA