マインドマップ基本の書き方 効果は?ソフトは?

pazuru_01
【この記事のポイント】


・紙に思いついたキーワードをどんどん書いていこう!

・キレイに書こうとしない。めちゃくちゃに書き込んでいくことが成功の秘訣。

・ソフトを使う目的はプレゼン用と考えよう。

スポンサードリンク

マインドマップの書き方①基本編


マインドマップという言葉はご存知でしょうか?

人は頭の中でいろいろなことを考えているわけですが、そんなバラバラな情報を繋げて新しいアイデアが生まれるというものが人間の能力として誰にでもあります。

それでも、あちこちに思考の方向性が変わるためちゃんとしたアイデアになるまでに忘れてしまったり、まったく目的とは違う内容になったりしてしまいます。

そこで使われるのがマインドマップです。

マインドマップは紙に今イメージしているキーワードをとにかく書き込んで行きます。
この時、紙は大きめのものがよいでしょう。

そして関連のあるものを線や枠で繋げていきます。

この時、線・枠・場所などがめちゃくちゃになってしまいますが、これもマインドマップの特徴です。

そしてそのめちゃくちゃになったキーワードの集合体を分析することで自分のイメージを客観的に見ることができます。

自分の脳を別の場所に映し出しているという風に考えてもいいかもしれませんね。

そして、マインドマップを観察し分析していくと新しいアイデアが生まれやすくなります。

これがマインドマップの基本となる書き方です。

スポンサードリンク

マインドマップの書き方②効果編

では実際にマインドマップを活用した効果はどうでしょうか。

成功した場合は、いろいろなアイデアを思いつくため楽しいです。

また、マインドマップは何を書いてもいいのでメモ帳や忘れ物リストなどTODOリストとして書いている人もいます。
この行動が以外な結果に繋がることも有ります。

逆に失敗した人の共通パターンを調べてみました。
一番多かったのは、面倒だったのでやめてしまったというモノ。
先ほどのTODOリストとして活用する方法もこれを防ぐためでしょう。
他にはキレイに書こうとして、失敗してしまうケース。
ブレインマップの最大の特徴はめちゃくちゃでもどんどん書き込んで、線・枠を使って関連付けて、さらにめちゃくちゃにしていくというもの。

整理術とは別の方法にみえますが、これこそ整理術の奥義と私は考えています。

あえてめちゃくちゃにすることで、今までになかったまとめ方をする。

マインドマップはまさにこの考え方そのものです。

マインドマップの書き方③ソフト編

私もマインドマップのソフトをいくつか使ったことがあります。

使いやすいものや、その人の相性などもありますが、目的が違うということは認識しておく必要があります。

マインドマップのソフトは
「プレゼンテーション」が目的に作られています。

たしかにキレイにまとめるには効果的ですが
ブレインマップ最大のポイントである
「めちゃくしゃに書く」ということができず
さらには時間が掛かるというデメリットがあります。

ソフトを使ってマインドマップを活用したい方はそのメリット・デメリットをうまく使いこなすことを意識してください。

感想

私がマインドマップを使い始めた時、
とにかくいろんな考えをまとめたいという時でした。

今は色鉛筆を使う方法や付箋を貼る方法などいろいろ発表されています。

おそらく巷で言われる方法はすべて試したと思いますが、一番大切なのは「続ける」ということでした。

1年後~3年後になると書く内容も質もグンッと向上します。

継続は力なりとはまさにこのことでしょうね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。